ホーム>メニュー>ジオメトリーハンドリングチューン

ジオメトリーハンドリングチューン

ジオメトリックダウンフォースの実現!

WGPで実績を納めたGMDのノウハウをフィードバック!ジオメトリーチューニング

GPからの技術「スイートナンバー」

GMD社は、当初から車体のジオメトリーに関するノウハウを蓄積してまいりました。
ハンドリングの初期応答性を高めるためのキャスター設定。
フロントタイヤの接地圧をコントロールし、コーナリング時の安定性を左右するトレール量の設定。
ヘッドパイプやピボット位置なども車体の応答性能に大きく関わります。
スイングアームダウンスロープやリヤショックの設定も2次旋回性能やトラクション性能に大きく関わってきます。

そのバランスを高次元で融合させ、飛躍的にマシンの運動性能を高めます。
それが…GMDコンピュートラック社の誇る「スイートナンバー」理論に基づくジオメトリーチューニングなのです!

ジオメトリーチューニングとは・・・

2016314213133.JPG

バイクの持つ各部の姿勢数値(ディメンジョンとかジオメトリーと呼ばれる)を最適化するGMDならではのチューニングサービスです。
コーナリング性能を最大限に高めるためには、セルフステアリング(バイクのバンク角に伴ってコーナーの内側へステアリングが切れていく特性)を最適化することが大切です。
理想的なキャスターアングルを数値化できるGMDだからこそなし得るチューニングといえるでしょう!
それに伴いフロントタイヤが路面を捉える力(フロントタイヤのエンドグリップ)を高めるためのトレールコントロールを行ないます。

もちろん、フロントエンドだけではなく、リア廻りの設定も重要!
ピボットハイト(スイングアームピボットの地上高)やスイングアームダウンスロープ(スイングアームが持つ対地角)の設定もバランスよく行ない、
アクセレーションに呼応するトラクションの高さも特筆ものです。
それらのバランスを高い次元で融合させ、ウェットな路面でも素直にライダーの要求に応える車体が産まれるのです。

GMDジオメトリーチューニングの理想値=SWEET NUMBER(スイートナンバー)

別次元の体幹GEOMETRYステムキット

JagerLauft-GEOMETRYステムキット

 

2019GMDジオメトリーステムキット

 

装飾品である安価なステム群とは一線を画す、車体の運動性能を引き出すためのチューニングパーツ

 

「G.M.D.」のステムキットは高価

安価で装飾品としてステムキットを購入される方には無縁の物かもしれませんが、

せっかく費用を投じるのであればそれによる「効果」も欲しい!

当たり前だけど浸透していない常識です。

そんな常識を30年にも渡りG.M.D.は覆してきました。

ワークスレーサーの開発にも起用されるなど、その「SweetNumber理論」は優れたものです。

 

その理論をフィードバックするののに必要なのがこのステムキットです。

 

*3次元車体計測から導きだされたジオメトリー数値を基にステム製作に必要な値をシュミレートし、

そのマシンに一番必要な数値を与える!

 

このステムを装着し、ジオメトリーチューニングされたマシンはまさに「水を得た魚」になれるのです。

 

 

 

2019ステムキット高剛性アンダブラケット

生産コストを完全に無視した構成で設計。

そのバイクのハンドリング特性を最適化するために必要な数値・・・ セルフステアを最適化するためのキャスター角の設定と前後タイヤのトラクションを最大限に高めるためのトレール量やスイングアームダウンスロープ、そしてバンキングし易いピボットハイトなど理想的な数値になるようシュミレートしオフセット量を決定!

GMDコンピュートラック計測システムの「What'if」シュミレーションを用いた高精度な設計が行える 一般的な削り出しによるルックス向上目的の製品ではなく、安全性能と運動性能の確実な性能向上を狙って1本1本設計される

通常ならば上面、下面からの切削を基本に行うのがコスト削減のためには最適・・・しかしながら最適な剛性バランスを狙うなら前後方向からの切削が欠かせないのである。

一般的なステムの構造はコの字断面を基本とするが、当社のステムはH断面構造を持っている。

 
2019ジオメトリーステムキット

特に縦剛性を高めたいアンダーブラケットに関してはこの方法が最適となる 前後方向から加工されるポケットの中も完全な3次元加工を用い、最適な剛性バランスを取りながらも初期応答性を高めるためのしなやかなしなりも実現!

ステムシャフトはカシマとの相性の良い6061材から削り出され、アッパーブラケット、アンダブラケットと共に潤滑ハードアルマイト「カシマコート」にて仕上げられている。

 
2019ジオメトリーステムキット

コーナリングパフォーマンスを高めるために何が必要で何が必要ないのか?
20年間蓄積されたハンドリングチューナーとしての経験から設計をした逸品

*ジュラルミン材をベースに3次元CNC加工されたオリジナルアッパー&アンダーブラケット。

   
       

製品一覧

品番: 適合確認車種  
50.210.25T-KASHIMA ’04 ZX-10R,YZF-R1    
50.214.25T-KASHIMA ’04-05 CBR1000RR,98-GSX1300R HAYABUSA,    
54.210.25U-KASHIMA ’04 ZX-10R,    
55.214.25T-KASHIMA ’98-GSX1300R HAYABUSA,    
54.214.25U-KASHIMA ’04-05 CBR1000RR,    
       
       
       
       
       
       
       
       
       
       
       
       
       

*完全ボルトオンではありません。素人の方が装着するにはかなりハードルの高い施工となります。ジオメトリーに精通したプロの方にご依頼ください。


自社生産だからできる完全なワンオフにも対応

 

ワンオフ価格表・・・

アッパーブラケット(A6061S3D切削KASHIMAコート)・・・80,000-(デザイン料、ジグ代込み)

アンダブラケット(A6061S3D切削KASHIMAコート)・・・170,000-(デザイン料、ジグ代込み)

専用ステムシャフト(A6061SKASHIMAコート)・・・39,000-

バーハンドルブラケット(A2017S3D切削KASHIMAコート)・・・24,000-

メインキーキーブラケット(A2017S3D切削化研アルマイト)・・・30,000~60,000-

専用トップナット(A2017S3D切削化研アルマイト)・・・5,000-(キットでの購入時は付属)

ステムベアリングUP/DOWN、オイルシール等・・・3,000-~(キットでの購入時は付属)

*

 

最適なジオメトリーを実現するためには下記項目作業が必須となります・・・

車体計測&What’ifジオメトリーセットアップ費用・・・120,000円

 


 

カスタマイズ...その計画

GMDコンピュートラックの魅力に魅せられた私のカスタムプランニング

GMDの活用法

大切にしている自分のマシンを
もっともっとカッコよく…
もっともっとカスタマイズしていきたい!!

元々私もGMDのユーザーです。
限られた資金の中で間違いのないカスタマイズを行っていきたいと試行錯誤してきたノウハウをお知らせします。

 1.せっかく手に入れたバイクの日々のメンテナンスを侮るな!

バイクのカスタム以前に、日々のメンテナンスが重要です!
エンジンオイルはきちんと変えているのか?!チェーンの伸びは??
そんなことがおろそかになっていてはカスタムなんてできません。まずは日々のメンテナンスが大切です!!

2.自分のバイクの現状を知る!

まずは、自分の大切なバイクの状態がどうなのか?そのことを知っておくのが、これからのカスタマイズに重要になってきます。
GMDコンピュートラックの3次元計測システムを活用し、自分のマシンの車体の数値を把握しましょう!!

3.まっすぐが大切!

GMDの計測結果をきっちりと説明してもらってください!そして…まっすぐにしましょう!!
まっすぐな車体は、ライダーの動きにリニアに反応し~路面からの情報をスムーズにライダーへと伝えてくれます。
そのスムーズな車体は、サスペンションやタイヤの寿命を飛躍的に延ばします!!

4.きちんと仕事をしてくれるサスペンションありき!!

サスペンションとは?フロントは、ステム以下を指します。リヤは、スイングアーム以後。
この動きがしっかりとしてこそ良い足回りといえます。
むやみにアフターのものに変えるのではなく、今あるものをきっちりとセットアップしてみてください!
カスタムは、まず!スタンダードの良さを知ってからでも遅くありません!!

5.しっかりとギャップを吸収し、ハードなブレーキングにも耐える足回り!

スタンダードの良さがしっかりと分かれば、本当の良いアフターパーツが分かります。
足回りカスタムの基本はフロントからです!良いフォークには、減速帯で暴れたり、ブレーキングで底付きしたりの問題がありません!!
まずは、しっかりとフロントにコストを掛けてあげましょう!それからリヤショックの変更です。

6.足回りがしっかりすれば、高性能なブレーキシステムが欲しくなる!

不安定な動きをしてしまう足回りから解き放たれたとき、もっと止まれるブレーキシステムが欲しくなる!!コレが常識です。

7.更なるハンドリングパフォーマンスを目指して!

こうなったら…もっと速くコーナーを駆け抜けたい!はずです。
GMDの真骨頂!「スイートナンバー」が貴方のマシンを見違えらせます!
よりクイックで、より安定したコーナリング。そして、本当の2次旋回を体感できます!!

8.止まれる!曲がれる!…超~楽しいの後には…

ここまでくれば、安全リスクなく漲るエンジンパワーを手に入れれます!!
ただ…闇雲にパワーではなく、しっかりと耐久性能も加味してください。

etc.
GMDの活用法

最後に…すべての項目において、美しさは大切です!!

 GMDコンピュートラックJAPAN 代表 塩見 茂歩樹

ページ上部へ