ホーム>メニュー>11. ワンオフCNC切削

11. ワンオフCNC切削

I-PHONE XRプロテクター発売!

大人気!I-PHONEを守れ!!

A2017削り出しI-PHONEプロテクター

BM-563TATCにてi-phoneプロテクターを削り出し

年を重ねるごとに高性能になっていくapple I-PHONE

最新型XRも昨今の例に漏れず前面&背面ガラスの構成

普段何気なく使っていても落下の危険性 大!!であり、運悪く「ピキッ!」てのはよくある話

どうやったら大切で高価なI-PHONEを守れるか?

どうせなら大好きなオートバイでの使いやすさを追求したい!

結局、作ってしまう運びになるのです。

バイク用、クルマ用・・・使い勝手を最優先!!

デザインは私、塩見の大切な感性です

 

ラムマウントひし形ジョイント

 

こだわり・・・その1

ラムマウントの菱形ジョイントがボルトオンで取り付けできます。

クイックジョイントも装着可能!

バイクやクルマで使うには確実固定が理想です


X型リブ

こだわり・・・その2

通常、アルミ製I-PHONE用削り出しバンパーはルックスと軽量であることを重視し「口の字」型

どうしても落下時の衝撃を受け歪が出やすくなります

歪んだバンパーの中で一定の圧力を受け続けたI-PHONEはいずれガラスにヒビが入ってしまいます

それを防ぐために「X字」型に全体の剛性を高めています


バフポリッシュこだわり・・・その3

削り出しバンパーの中にはデザインや切削時間短縮のために切削刃物跡がついているものがあります

切削痕はたいへん綺麗なのですがどうしても引っ掛かりができ、ポケットから出そうとすると・・・なことが!

弊社では切削間隔を詰めかつ、バフポリッシュにて仕上げています

 

 


凹凸でしっかり固定こだわり・・・その4

上下ブラケットの嵌合長を長く取るためアンダブラケットには5mm深のホールを設けています

アッパーブラケットは、贅沢にも10mm厚のA2017材から削り出され、はめ合い用のボスを配置

それが故、95%以上が削りカスになります

 

 


その他のこだわり・・・

電波干渉を防ぐための設計、

 

 

あなただけのオリジナルパーツ製作

3Dマシニングセンタを駆使したワンオフパーツ製作いたします!


「自分の欲しいパーツを市販していない!」「ほかの人とは違うパーツを取り付けたい!」

そんな思いに応えます!

マシニングセンタでブレーキペダルを切削

 

ワンオフパーツのデザインから製作まですべてお任せください!!

 

製作の流れ~

打ち合わせ・・・車輌の確認やデザインの打ち合わせ

採寸・・・車輌側の採寸を行います(車輌お預かり) 採寸費用5,000-(1H)

デザイン・・・3D-CADを使い細かなデザインを行います デザイン費用5,000-(1H)

デザイン打ち合わせ確認・・・メール等で画像をお送りし最終的なデザイン打ち合わせを行います

NCプログラム作成・・・切削に必要なプログラムを作成します

材料発注・・・7075材や2017材、KASHIMAに適正な6061材など必要な材料を必要なサイズでオーダーします

治具製作・・・切削に必要な治具を製作します(これがなければ製作できません!) 治具製作5,000-~

3D切削・・・3軸同時加工可能なマシニングセンタにて加工を行います 切削費用10,000-/プログラム実行1H当たり

仕上げ・・・各種アルマイト処理や塗装など最終仕上げを行います 費用2,000-~


製作事例

HONDACB-F

HONDA CB750F

   
     
     
     
     
     
     
     
     
     

 

ページ上部へ