ホーム>メニュー>G.M.D.COMPUTRACK>フロントフォークメンテナンス

フロントフォークメンテナンス

ジオメトリーを考慮したフロントフォークメンテナンス

カートリッジタイプフォークのオーバーホールとは、きちんと内部まで分解できてこそ

 

20165823453.jpg

一般的に非分解とされるフロントフォークのインナーユニット。


この部分こそがとても大切な役目を担う部分です!
カートリッジピストンのひずみやシムスプリングのへたりなど…フロントフォークのしっかりとした役目を果たすためには大切な作業です。


当社では、分解することはもちろん…
ロッドの鏡面研磨や各部精度だしなどを行っています!


組み込む際には、高性能なNUTECコンプレックスエステルベースの100%科学合成オイルを使用し、且つ、NUTECフリクション低減剤を添加して組み込んでおります。


設定された良い状態を少しでも長く維持できるようにこだわっています。

 

201651365359.JPG

オーバーホールの推奨時期 10000km毎もしくは2年毎

(レースで使用の場合 レース毎)

 

フロントフォークオーバーホール費用:

カートリッジ一般タイプ・・・30,000円

カートリッジ特殊タイプ・・・45,000円

ダンピングロッドタイプ・・・24,000円

オプション.SKFフォークシール追加・・・4,500円(2本分)

SKFフォークシール

低フリクションにこだわるからこそ・・・SKF

20165823818.JPG

弊社でフォークオーバーホールやチューニングの際にお勧めしているのがSKFシールキット

低フリクションでいて高耐久、弊社のオーバーホールで装着率95%を誇るSKFシールです。

各車種用・・・3,900円(1本分/税抜)

弊社のオーバーホール作業時に純正シールから変更いただく場合、4,500円(1台分/税抜)で承っております

ページ上部へ