ホーム>メニュー>3D車体計測

3D車体計測

GMDコンピュートラック3次元車体計測システム

乗りにくいバイクに我慢していませんか?今までの常識を覆す3D車体計測のメリット!!

GMDの三次元計測とは?1

GMDコンピュートラック計測システムは、オーストラリアの実業家 グレゴリー・マクドナルド氏が開発した世界有数のモーターサイクル専用3次元車体診断計測システムです。

このシステムは、高精度な3次元測量器(SOQIA社製セオドライト)を活用した高精度にモーターサイクルをチェックできることが特徴!
ワールドGPのレースフィールドでの実績は数多く、チャンピオンマシンに採用されたことでも多くのコンストラクターがその優位性を認識しているシステム。

日本国内でもWGPで実績を積み上げたこのシステムが多くのライダーを魅了し続けています!
そして、新車・中古車を問わず、このシステムを活用することで、多くの判断基準を得ることができるのも大きなメリットとなります。

 

 レーザー測定(2次元)とは異なるGMD独自の計測(3次元)方法

GMDの三次元計測とは?2

GMDコンピュートラックの3次元計測システムの特徴を解りやすく説明させていただくためには、左の図を見ていただきたいと思います。

3次元計測の優れた点は、媒体(オートバイ)をどの位置、どの方向に置いても計測が可能だということです。
それが空間上にあるXYZの座標を基に計測できる3次元計測の最大のメリットです。

少しだけ3次元XYZについてのおさらいをしていきましょう!
例えば、空間上に座標1と座標2のふたつの点があったとしましょう。 このふたつの点を通る円はいくつ出来るのでしょうか?
そう!! 無限大に円は書けてしまいます!

これが3点を通る円になるとどうなるのでしょうか?
空間上に3点を捉えることでできる円はひとつしか出来ません!!

この2つの点(XYZ)を組み合わせることにより車体のデータを算出していくGMDコンピュートラックの計測には車体の見た目の傾きなんてまったく関係なくなる話なのです!

計測に使用される20箇所以上のポイントはすべて…この3つの点の集合体なのです!
簡単にご説明させていただきましたが、それが3次元計測の最大の強みなのです。
設置が簡単で、高精度な計測が行えるGMDコンピュートラックの3次元計測システムは、イベント会場やレースフィールドでの出張計測にも対応できる機動性を持ち合わせているのです。

GMDコンピュートラック計測システムで得ることのできる項目

GMDの三次元計測とは?3

Ⅰ.ハンドリング特性を大きく左右するジオメトリー(車体姿勢)のデータ取得

  • キャスター角やトレール量、ホイールベースやスイングアームダウンスロープなど多岐に渡ります。
  • 最終的にこのジオメトリーデータを用いて、スイートナンバーへのバージョンアップが可能になります。

Ⅱ.アライメントの良否判断データ

  • 上部から見たアライメントの良否データ
    フロント回りの歪みや前後ホイールのオフセットなどハンドリングの悪化やタイヤの偏磨耗などの原因を診断できます。
  • 前から見たアライメントの良否データ
    メインフレームの曲がり等、大きくハンドリングに影響を及ぼしてしまう原因が確認できます。
  • 後ろから見たアライメントの良否データ
    ハイサイドや転倒によって生まれたスイングアームの歪みを確認できます。

 GMDの計測のメリットを分かっていただけたなら…今すぐにご予約を!!

GMDの三次元計測とは?4

GMDの車体計測診断システムは、今まで存在したどのようなアライメントチェックの方法よりも短時間で多くの情報を取得することができます。

GMD3次元車体診断計測

20,000円

ピボットにXツールを使い前後個別にフレームチェックができなかった場合 △2,000円
その他オプション計測(1箇所ごとに) +2,100円
修正セットアップ後の計測 24,000円

注1)ただし、アンダーカウルが装着されているケース等で脱着が必要となる場合もございます。(脱着に掛かる工賃は別途ご請求)

注2)2017年4月より価格改定を行いました。
 

もし・・・事故が起きてしまったら

もし万が一、事故が起きたら?!

警察&消防署に連絡するのは当然のことながら…ご自分のバイクのことは大丈夫ですか?
GMDコンピュートラックでは今までの経験を生かし、よりスムーズな事故対応を行っております!!
傷ついた愛車をきちんと直すためのノウハウをお知らせします!!
痛い思いをするだけでは嫌ですから…

加入の損保会社ホットラインに電話しましょう!

現在では、ほとんどの損保会社が24時間体制で事故受付を行ってくれます!
そして、レッカーの手配を行いましょう!

当社ホットライン:086-953-9100 有限会社K.M.T.

ここで大切なのがその後の流れ

事故修理の対応で一般的なのが、アジャスター立会いの下での見積もり作業となること。
逆を言えば、この見積もりですべてが決まってしまいます。

基本的に、損傷箇所に応じた部品価格と作業代を算出し、保険会社の承諾を得て作業に入ります。
早い場合、この時点で示談をしますので、作業追加などの訂正は行うことができにくくなります。

ここで良くあるトラブル…
目視点検が多い見積もり作業の中で、足回りや車体について見落としやチェック不足が発生しやすいということ!
メインフレームを例えて言うならば、許される(走行に影響のない)歪み数値は0.3度です。

これを目視で行うのは至難の技です。
私たちGMDではこのチェックのために3次元計測機を活用し、確実な診断を行うことができます。

ここが間違いのない見積もりに反映されます。
大切にしているせっかくの愛車…後から「まっすぐ走らない!面白くない!」って後悔したくないですね。

だから約束してください!
「GMDできちんとチェックしてください!」
この大切な一言…

保険会社の皆様へ!GMDからのお願いです!

このWEBサイトをご覧になられた保険会社アジャスターの皆様へ

保険会社アジャスターの方へ1

「大切なバイクを…少しでも長く~大切に乗りたい!」

 そんな思いでライダーは日々、バイクライフを楽しんでいます。
もしもの時の保険ですが、そんなもしもの時…ライダーの皆様を守ることができるのが損害保険の大きな価値だと思っております。
自動車事故が起きてしまったとき…
次にそのバイクに乗られるのは…私たちでもあなた方でもありません!
そう!そのバイクのオーナー、ライダー自身なのです…
だからこそ…きちんとしたい!!
2次災害などは起こすわけにはいかないのです!!
バイクの足回り&フレームは、とても繊細でデリケートです。
目視に頼ったあいまいな診断ではなく、きちんとした計測を行ってもらえるように心掛けて頂きたいのです。

数多くの事故が発端で起きたトラブルを見てきたGMDだからこそのお願いです!

GMDコンピュートラックJAPAN 塩見 茂歩樹

ページ上部へ