ホーム>メニュー>STEP-5.1 3Dステムキット

STEP-5.1 3Dステムキット

JagerLauft-GEOMETRYステムキット

JagerLauft-GEOMETRYステムキット

 

2019GMDジオメトリーステムキット

 

装飾品としてのステムではなく、性能を引き出すために造られた逸品!

*3次元車体計測から導きだされたジオメトリー数値を基にステム製作に必要な値を算出、コーナリングパフォーマンスを最大限に高めるスイートナンバーに必要なジオメトリー数値と剛性バランスで3-D設計

そのバイクのハンドリング特性を最適化するために必要な数値・・・ セルフステアを最適化するためのキャスター角の設定と前後タイヤのトラクションを最大限に高めるためのトレール量やスイングアームダウンスロープ、そしてバンキングし易いピボットハイトなど理想的な数値になるようシュミレートしオフセット量を決定!

GMDコンピュートラック計測システムの「What'if」シュミレーションを用いた高精度な設計が行える 一般的な削り出しによるルックス向上目的の製品ではなく、安全性能と運動性能の確実な性能向上を狙って1本1本設計される


 

2019ステムキット高剛性アンダブラケット

生産コストを完全に無視した構成で設計。

通常ならば上面、下面からの切削を基本に行うのがコスト削減のためには最適・・・しかしながら最適な剛性バランスを狙うなら前後方向からの切削が欠かせないのである。

一般的なステムの構造はコの字断面を基本とするが、当社のステムはH断面構造を持っている。

 
2019ジオメトリーステムキット

特に縦剛性を高めたいアンダーブラケットに関してはこの方法が最適となる 前後方向から加工されるポケットの中も完全な3次元加工を用い、最適な剛性バランスを取りながらも初期応答性を高めるためのしなやかなしなりも実現!

ステムシャフトは最強の超超硬ジュラルミン7075材から削り出され、アッパーブラケット、アンダブラケットと共に潤滑ハードアルマイト「カシマコート」にて仕上げられている。

 
2019ジオメトリーステムキット

コーナリングパフォーマンスを高めるために何が必要で何が必要ないのか?
20年間蓄積されたハンドリングチューナーとしての経験から設計をした逸品

*鍛造超硬ジュラルミン材をベースに3次元CNC加工されたオリジナルアッパー&アンダーブラケット。

   
       

製作事例

HONDA ’04-05 CBR1000RR    
       
       
YAMAHA      
       
       
SUZUKI *’89-91 GSX-R1100    
       
       
KAWASAKI      
       
       
       
       
       
       
       
       
       
       
       
       
       
       
       
       
       
       
       
       

*完全ボルトオンではありません。素人の方が装着するにはかなりハードルの高い施工となります。ジオメトリーに精通したプロの方にご依頼ください。


自社生産だからできる完全なワンオフにも対応

 

ワンオフ価格表・・・

アッパーブラケット(A6061S3D切削KASHIMAコート)・・・110,000円

アンダブラケット(A6061S3D切削KASHIMAコート)・・・150,000円

専用ステムシャフト(A7075KASHIMAコート)・・・35,000円

バーハンドルブラケット(A2017S3D切削KASHIMAコート)・・・12,000円

メインキーキーブラケット(A2017S3D切削KASHIMAコート)・・・30,000~60,000円

専用トップナット(A2017S3D切削KASHIMAコート)・・・5,000円(キットでの購入時は無償)

ステムベアリングUP/DOWN、オイルシール等・・・3,000円~(キットでの購入時は無償)

*オプション1、KASHIMAコート仕上げ・・・上記価格に30%UPにて対応(専用トップナットは対応不可)

 

最適なジオメトリーを実現するためには下記項目作業が必須となります・・・

車体計測&What’ifジオメトリーセットアップ費用・・・120,000円

その他、ユーザー様のご要望により完全ワンオフ対応の場合・・・

CAD図面製作費用(ワンオフ対応品に関して)・・・70,000円

切削用専用ジグ設計製作費用・・・20,000円

別途・・・車体修正費用、消費税等


 

ページ上部へ