ホーム>メニュー>ALIANTリチウムバッテリー

ALIANTリチウムバッテリー

ALIANTリチウムバッテリー

ALIANTリチウムバッテリー

ALIANT は R&D を繰り返し数年間の品質改善とプログラムのアップデートを重ね、最適化されたプログラムを持つマイクロプロセッサーによりコントロールされる高性能アクティブマネージメント BMS( バッテリーマネージメントシステム )の開発に成功しました。
そしてリチウムバッテリーを装着する事によって得られる恩恵を、より使用勝手の良い形で、また価格面のバランスも考慮し、バッテリー本体内に BMS( バッテリー・マネージメント・システム )を装備する結論にいたりました。
このBMS性能、また高性能セルで構成されるバッテリー本体内に標準装備されているからこそ、ALIANT はリチウムバッテリーへの知識を持たれる違いの分かる人々に選ばれております。
* ALIANT の BMS は、バッテリーを構成する全てのセルをコントロールしています。

軽量・コンパクトだから

ALIANT を手に取っていただければ、先ずはじめにその軽さに驚くことでしょう。
軽量であるメリットは、ハンドリングや取り回しに良い影響を与えます。
バッテリーポジション( 取付け位置 )によっては、単純に軽量される質量以上の効果を得られることは、モーターサイクルもクルマも同様です。
標準装備される鉛バッテリーから ALIANT への換装で、約70% 程の軽量化が可能です。
また、バッテリーサイズ( 寸法 )がコンパクトなので、取り付け時の自由度が向上します。
例えば2輪の場合、標準バッテリーから ALIANT に換装した時に発生するスペース( バッテリーボックス内にできる空間 )にETCを装着してしまう、ことさえ可能となるのです。

世界屈指の高性能 LiFePO4 セル

ALIANT がプレミアムスターターバッテリー X/XP で採用するセルは、高い安全性の高出力かつ最高品質のセル・メーカーの LiFePO4 シリンドリカル( 丸柱 )セルで、スターターバッテリーに要求されるCCA( コールド・クランキング・アンペア )を最高レベルで実現しております。
スターターの回り方の違いは、ALIANTを装着した時から体感できます。
「キュルキュルキュルブルン!」というセルの回り方ではなく「キュ ブルン!」という具合にセルスタートできると、ALIANT を装着されたお客様から驚きのお声も頂戴する程です。
驚くべきポイントはこの高出力が安定している事で、これは ALIANT に標準搭載のマイクロプロセッサーによりコントロールされる高性能アクティブマネージメントBMS( バッテリーマネージメントシステム )が大きく関与しているからです。
ALIANT の BMS はバッテリー電圧の安定に対しても有効で、ALIANT 装着による電圧安定は様々な形で走行への好影響も与えます。

高性能BMS搭載

2輪や4輪には発電機能としてジェネレーターやオルタネーターが装備されるため、走行中もジェネレーターやオルタネーターで発電された電気はレギュレート・レクチュファイヤー( レギュレーター )で適正な充電電圧に制御され、バッテリー本体に常時充電しています。
バッテリーは充電と放電( 電気使用時 )を繰り返す時にバッテリー本体内のセルバランスが時間をかけて崩れて行くのは、従来の鉛バッテリーであってもリチウムバッテリーでも同様です。バッテリーは、セルバランスが崩れる( セルのアンバランス化 )ことで、その性能は低下します。
ALIANT の寿命は、使用方法や使用環境により左右されますが、ALIANT では5年以上と公表しております。
この長寿命を現実のものとする上での大きなポイントが、マイクロプロセッサーによりコントロールされる高性能 BMS( バッテリーマネージメントシステム )の存在です。
BMSがバッテリー本体にセットされ、アクティブコントロールしているからこそ、ALIANT はリチウムバッテリーを安定して維持・管理する上で最も重要なセルのバランス化( バランス充電 )が常時行われるのです。
バッテリーを車両にセットした際に車両の充電システムからの充電時( 走行中や車種によってはアイドリング時 )にも BMS によってセルバランスが管理されるバランス充電を行います。
もちろん、充電器やメンテナーによるメンテナンス充電時にも、BMSによってセルバランスが管理されるバランス充電となるのです。
また、ALIANT は従来の鉛バッテリーと比較した場合、自己放電率が非常に少なく、ALIANT バッテリーの自己放電率は鉛バッテリーの1/7以下です!
満充電の ALIANT は、約1年放置後でもスターターを回すのに十分なエネルギーを維持しております*。

* 自己放電とは、バッテリーが単体である状態で、配線等が接続される状態とは異なります。また、イグニッションキーがオフの状態でも待機電流による微弱電流消費をするシステム(イモビライザー等)を搭載する車両の場合には、別途取扱い方法にて対応する必要がございます。

LiFePO4

リチウムバッテリーを構成するセルは様々な種類のものがあり、ALIANT X/XP プレミアムシリーズは、安全性や性能面で最も優秀なセル LiFePO4( リチウム・アイアン・フォースフェイト )シリンドリカル セル(丸柱セル)を採用しています。
X/XP プレミアムシリーズは、リチウムバッテリーが持つべきリチウムバッテリーとしてのアドバンテージを最大かつ安全にご利用いただけように様々なテクノロジーを惜しみなく採用するとともに、全ての製品にシリアルナンバーをふり、徹底した生産・品質管理を行っております。
2輪や4輪、そしてマリン等々の使用状況下にてアリアントは数あるリチウムバッテリーの中より選ばれております。

ページ上部へ