ホーム>メニュー>STEP-7.1 タフブラック

STEP-7.1 タフブラック

タフブラック処理

TOUGH BLACK(タフブラック)処理は一般的な表面コーティングとは異なり、タフブラック成分が対象金属の表面だけでなく内部にまで浸透し特殊化合物層を形成することにより疲労強度を高め、同時にフリクションも大幅に軽減します。

更にタフブラックコーティング層は剥離することがなく、耐久性も向上します!

CB750Fカムシャフトタフブラックコーティング

 

タフブラックコーティングイメージ


タフブラックコーティング層イメージ

1.表面化合物層

 特殊複合化学物質層を形成、コーティングではなく、表面熱処理なので熱による膨張係数も変わらない

2.化合物層の厚み

 トータル16μm (表層部で3μm、表層部から内部に13μmの化合物層を形成)

3.塩水噴霧試験(5倍)

 1000Hr以上発錆なし(一般的なテストは200Hrにて行う)

4.表面硬度

 Hv750~900(飛び石でも壊れない)

5.処理可能素材

 炭素鋼、合金鋼、鋳鉄(鉄、ステンレス、クロモリ素材)

 

 *処理不可素材

 アルミニウム、チタン、メッキ(その他表面コーティング済み金属を含む)

 薄い素材は反りが発生しますので加工できません。


施工価格・・・その都度お見積もり

施工例・・・CB750F(DOHCエンジン)IN&EXカムシャフト中古へのタフブラック施工 18,600 x2本(消費税抜き)

      NINJA250フロントアクスルシャフト新品へのタフブラック施工 13,000 (消費税抜き)

 

*注意事項:タフブラックコーティング施工後の一回目となるエンジンオイル交換時、抜き取ったエンジンオイルは黒くなります。これはコーティングが剥離したものではありませんのでご安心ください。
         

ページ上部へ