ホーム>Honoka Factory公式BLOG>JagerLauft(イェーガラウフト)

JagerLauft(イェーガラウフト)

3Dステップバー好評につき在庫がほぼなくなりました

こんにちは塩見です。

 

弊社の超絶グリップを誇る「JagerLauft3Dステップバー」ですが、

好評につき在庫が後2SETとなってしまいました。

 

昨年の11月にマシニングセンタを導入し、

なんだかんだで5ケ月です。

 

はじめは工具をクラッシュさせてしまったり、

マシンやジグの問題で精度に不満が出たり。。。

 

いろんな工夫を行い、まともな製品がたくさんできるようになりました 笑

 

3D-CNCステップバー製作

追加の製作を進めていますのでもうしばらくお待ちください!

弊社のマシニングセンタ。。。

稼働時間も早965時間。

日夜頑張ってくれています。

 

 

CB750F/900F/1100F用ジェネレータカバー完成&発売開始!!

こんばんは塩見です。

 

長らくお待たせいたしましたが、CB-Fシリーズ(CB750F、CB900F、CB1100F)用のジェネレータカバーが完成いたしました!!

 

CB750F/900F/1100Fジェネレータカバー装着
注)写真はガンコート「サテンブラック」仕様

 

様々な仕様変更を経て理想的な性能を与えられたジェネレータ(発電機)のカバーです。

CB750F/900F/1100Fジェネレータカバー裏側
)写真はアルマイト処理前の製品です

 

内部は極限にまでバンク角を稼ぐためステータコイルの収まるスペースを切り詰め、数ミリのクリアランスで設計しました!

CB750F/900F/1100Fジェネレータカバー裏側

 

ステータコイルは東京にある伊藤電機さんとの共同開発にて完成したスペシャル!

発電容量を犠牲にすることなく幅を5mm以上短縮!

すべてのカバーに装着して販売します。

(ステータコイルのコア下取りプログラムもあります)

 

現車確認では1800rpm付近で14.0V以上を発生しました。

コイルが付属されるために弱ったコイルのリフレッシュも兼ねれます!

 

CB750/900/1100Fジェネレーターカバー
)写真はアルマイト処理前

 

CNC 3D切削で仕上げています。

CB750/900/1100Fジェネレーターカバー

 

純正のカバーと比べてもその薄さがわかります。

私もCB750Fでコーナリング中に路面と接触しドキッとしたことがありますが、

右側の張り出しが特に大きなCB-Fシリーズはこの部分が大きな課題でした。

 

今回のカバーは純正の部品に追加工することなくコンバートできます。

 

そして、CB-Fの弱点であるもう一つの問題。

立ちごけなどでケースを打ち付けた場合ケースのねじ貫通部のクリアランスが大きく、

ひずみやずれが発生しやすいこと。

私も昔、これにより発電不良を起こし走行不能になったことが2度あります。

 

元々CB-Fのオーナーだった経緯を活かし今回の製品開発に至りました!

 

皆様、どうぞよろしくお願いします!!

 

CB750F,CB900F,CB1100F,発電機,ステータ,ジェネレータ,クランクケース,CNC,削り出し・・・製品のページへ

 

 

マシニングセンタでNINJA250をリフレッシュ!

こんにちは塩見です。

 

大きな仕事ばかりですが頑張っています。

暖かくなったり・・・また寒くなったり・・・

体調管理には気をつけなきゃいけませんね!

 

 

昨年末に導入したマシニングセンタFNS BM653ATCの使い方、カスタマイズも進み、

以前よりも早く安定した製品作りができるようになってきました。

 

今回のご依頼は、

ストライカーライディングステップを付けたNINJA250.

そのままではかなり前で低い。

そのためお客様は延長ブラケットをかまし3段雛状態になっていました。

ただし・・・左右の張り出しが大きくなったばかりか、今度は後ろすぎます。

 

なので・・・専用のブラケットを製作。

NINJA250は左右で形状が異なるので左右別々に設計です。

 

プログラムを走らせて・・・

NINJA250を乗りやすくステップポジション

こんな感じ。。。

 

NINNJA250ステップポジション変更ブラケット

とてもしっくりとくるポジションになりました。

 

左右のフィッティングが確認出来たら最終のアルマイト処理です。

 

頑張っていますよ!!

CB750/900F用のCNCジェネレータカバーを製作

こんにちは塩見です。

 

ご機嫌に毎日精を出しています。

現在、GSX1100S刀のリア周りを大幅リニューアル中!!

せっせとフレームカットに勤しむ毎日です。

 

そして、

お客様からのご依頼が元で製作しているのがこちら・・・・・。

CB750F900FCNCジェネレータカバー

CNC削り出しのジェネレータカバーです。

元々、CB-Fシリーズはクランクケース右側にあるジェネレータカバーの張り出しが大きく、

バンク中に接地することが多くあります。

しかも、接地したり立ちゴケすることによりケースを固定るるためのボルトが曲がり、ローターコイルとステータコイルの接触が起き、

結果発電不良と相成る事例が多発。

 

 

それを解決するためにmm単位で切り詰めて設計。

接地する角の部分で幅を10mm狭くすることを実現!!

ステータコイルとセットで販売するSPLに関しては、STD比マイナス13mmという驚きの薄さ!!

 

WEB上で公開していきますのでお楽しみに!!

JagerLauft

こんにちは塩見です。

 

新年早々ですが、たくさんの電話に追われています w

本当にありがとうございます!!

 

信念・・・

高くても本当に良いものを!

 

このコンセプト・・・なかなか難しく。

 

OEMで生産していると原価と売価がほぼ同一線上・・・。

 

 

 

商工会、陸運局、中小企業庁、金融機関の方々のお力添えを頂き、

マシニングセンタ導入ができました!

商工会 宮崎さん、日生信金 森下支店長、三木さん、本部のみなさん・・・本当にありがとうございます!

 

今まで3次元での図面作成は行っていましたが、

ここに来て3次元CAMをお勉強&習得。

 

小型マシニングなので少し加工時間は掛かりますが、

とても精度の良い加工ができるマシンです。

 

FNS社 BM562

 

そして、性能にこだわり設計&製作したJagerLauft3Dステップバー!

好評につき販売当日完売!!

そして2次ロットの生産品もご予約をいただいております。

JagerLauftステップバー

http://www.gmdcomputrack.jp/contents/menu/step-parts/

ご購入はこちら・・・http://www.gmdcomputrack.jp/shop/products/detail.php?product_id=225

 

使ってくださってるユーザーさんからは、「今まで体感したことのないグリップ!!」

と好評をいただいております。

 

価格ではなく、本当の性能にこだわります!

 

そして・・・追撃

Jager Lauft「イェーガー ラウフト」

ドイツ語が語源で

猛追、追撃な~んて意味を持ちます。

 

少し攻撃的な名前ですが、

後発小規模メーカーだからこそできる小回りが売りです。

 

まだまだ頑張りますよ!!

 

今年もよろしくお願いします。

新年あけましておめでとうございます。

新年あけましておめでとうございます。

有限会社K.M.T.の塩見です。

 

本年の営業も昨日から開始し、たくさんのお客様がご来店されました!

新年早々、お預かりの車輌がたくさんでとてもありがたく思います。

 

今年は昨年の災害を乗り越えてますます頑張っていく所存にございます。

「頑張れ!岡山!!」

 

そして、昨年末に生産した初めての量産パーツ「JagerLauft3Dステップバー」ですが、

初期ロットを販売開始の昨日完売いたしました!!

ありがとうございます。

 

JagerLauft3D ステップバー

 

高性能を誇るステップバーだけに生産時間もかかり、高額となりましたが私の想像よりはるか多くの方にご購入いただきました。

定価12600円(本/税抜)での設定ですが、

好評につき数量限定で8800円にて追加販売いたします!!

ただし、ご予約いただいた方限定となりますのでご了承ください。

追加本数は20本(10台分)のみです。

 

次ロット完成は、今月末の予定です。

どうぞよろしくお願いいたします!

 

ステップバー完成!2019/1/5より販売開始!!

こんにちは塩見です。

 

度重なる仕様変更を経てやっとできました!

渾身のステップバーです。

JagerLauftステップバー

通常のステップバーは旋盤(回転する棒材を切削)にて製作されることが多い。

表面の加工は、ローレットという網目のような切削模様。

現在、市販される多くのステップバーは販売価格が低く設定され(4,000円~7,000円程度)

この価格帯に照準を合わせれば致し方のないことです。

 

弊社のステップバーを開発するにあたってまず決めたのは「コスト度外視!!」

そして・・・「超~ハイグリップ!」&「高耐久性!」

 

マシニングセンタ導入前、こんなこともありました。

3DCADを使ってデザインし、OEM先にお見積もりのお伺い。。。

「う~ん・・・・・。」

「この価格では販売できない・・・。」

悲しいオチに。

なんと!!100本単位でオーダーしても販売価格は18,000円をくだらない。

もちろん現在の販売量からすれば100本なんていつ完売できるかもわかりません。

 

我が家の真骨頂である足回りセットアップのために必要なステムキットだって今では。。。

500,000円以上で販売しないと採算も危うい状態です。

 

そう!!ワンオフってとっても手間だし大変なんです!!

 

と、いうことでマシニングセンタを導入・・・

どうしようもない環境から・・・どうにかできる環境になりました!!

 

あとは私しだい!!

 

http://www.gmdcomputrack.jp/contents/menu/step-parts/

詳しくはこちらでご紹介しています

 

少しずつ。。。

こんにちは塩見です。

 

マシニングセンターがやってきてから早3週間が経ちました。

 

いろんなプログラムを実行して練習をしていましたが、

いよいよものづくりのスタートです。

 

ブレンボマスターサポート

綺麗に加工ができるようになってきました!

今までは3DCADで図面作成だけでしたが、実際にマシンを前にものを作るのは段違いに難しい。

今までもOEMでワンオフをお願いしてきましたが、

高いのは当たり前でしたね。。。

 

実際にやってみないとこの苦労はわかりません。

 

さ~。

我が社のマシニングセンタも動き続けて早180時間。

もくもくと頑張ってくれています。

 

マシニングセンター導入

こんにちは塩見です。

 

BLOGを書くためのログインができず・・・時間だけが経ってしまいました。

言い訳です (*´∀`*)

 

やっと!!

やっとですが、弊社にマシニングセンタがやってまいりました!

 

マシニングセンタ

思っていたより大きくてビックリ。

 

早速切削加工のプログラミングを進めています。

 

現在、

VTZ250リアキャリパーサポート

リアキャリパーのサポートをワンオフで作ったり。。。

CB1100ブレンボマスターサポート

マスターシリンダのサポートを作ったり。。。

 

もうすでにNCプログラムは20超です。

 

ステムキットの製作も控えていますので頑張ってなれなければいけませんね~

 

日々、頑張っています!!

 

ページ上部へ