ホーム>Honoka Factory公式BLOG

Honoka Factory公式BLOG

CB750Fエンジンチューニング!

こんにちは塩見です。

 

本日はエンジンのネタ!

本来は足回りのチューニングでお預かりしているCB750F

ワンオフステムの納期が掛かってしまい待っている間にエンジンも・・・・とユーザー様からのご要望!

 

では、余裕の出る足回りの性能に合わせエンジンチューニングと相成ります。

 

現在、埼玉のINOUEボーリングさんへ出しているクランクケースやシリンダーなどが帰ってくるまでに・・・

CB750Fエキゾーストポート研磨

ワイセコピストンにて890ccになるエンジンに合わせ、

ポートを拡大していきます。

かなり大きく加工しますのでまずは・・・超硬刃にてガリガリと荒削り。

大まかにポートの形状を造っていきます。

 

この作業だけでも4時間強の作業です。。。(*´∀`*)

 

CB750Fエキゾーストポート研磨中研磨

 

その後はペーパーにて中削り。。。

またまた数時間。。。

 

最終的にはもっと目を小さくしていくのですが、鏡面仕上げはEXのみに留めます。

インテークは少しザラッとした感じに仕上げ吸気(混合ガス)の霧化促進を行います。

もう少しこの作業は続きますよ~

 

なかなか書けないBLOGでごめんなさい。。。

日々頑張っています!!

 

ZZR1400のフロントフォーク変更

こんにちは塩見です。

 

今回は足回りのネタ。。。

カワサキZZR1400のフロントフォークのお話です。

 

STDのフォークはギャップにもろくゴツゴツとしたノリ味が出てしまいます。

通常はインナーピストンを交換するフォークチューニングが定番のお仕事です。

今回お預かりのZZR1400も例に漏れずチューニングは施していたのですが、ユーザーさんからの要望にてOHLINSに変更!!

ZZR1400オーリンズNICS

装着後に私が試乗・・・・・・?

動きそのものは良いのですがコーナリング中のギャップ(道の轍)でゆらゆらと振られます。

 

ユーザー様にもこのお話を行った上で解決策を・・・

「THE。クロモリシャフト!!!」

OHLINSの構造そのものが片側COMP、片側TENというアンバランスなもの

当然ながら左右で動きに違いが出ます。

純正のフロントアクスルでは完全に剛性不足!

HRC硬度60を誇る弊社のクロモリシャフトを装着すればこの問題は解決するのでは??と・・・。

 

装着後再度走行!

見違えるほどの走行安定性に変化!!

これでお客様に安心してお乗りいただけます。

 

ZZR1400OHLINS&クロモリシャフト

後日、ユーザー様からも

「むちゃくちゃ良くなりました~!!」

って喜びの声をいただけました!!

 

ありがとうございます

本日の作業日誌

こんばんは塩見です。

 

やはりごめんなさい。

今年こそはしっかりとBLOG書こうと思いながら・・・

経営、事務、作業、営業、外回りをしながら余暇にBLOGが余暇を作れない。。。

本当はPCに向かうのが嫌いなのかも・・・?

いや嫌いです。 ww

 

毎日毎日がたくさんのネタに溢れているのですが、

選んでいるとまた書けなくなるので本日の作業日誌。

 

昨日OEMでお願いしていたCB750Fのエンジンブラスト。

本当は作業が込み合っていて時間が掛かるって言われていたのですが・・・

少し手が空いたから・・・と、

CB750Fエンジン塗装下地ブラスト処理

真っ白になって帰ってきました。

このエンジン、すでに中身は空っぽです。

これからガンコート塗装の工程に入っていきます。

とりあえずはガンコートの塗料が足りないので即注文。。。

 

塗料が来るまでカムシャフトをタフブラックコーティングの依頼。

クランクはバランス取りのため埼玉へと旅立ちます。

さ~!エンジンの作業内容たっぷり・・・納期は大丈夫なのか???ちと不安。

 

ワンオフCB750Fステム

 

ステムブラケットも出来上がってきました!

詳細はまた後日。

 

そして・・・

チタンパイプの溶接

輪切りチタンをコツコツとTIG溶接したら・・・

ざざざ~っと組み立てていきます。

GSXR1100ワンオフチタンマフラーウェルド製作

 

GSXR1100ワンオフチタンマフラーウェルド製作その2

一般的に市販されているマフラーは量産性と価格バランスのため凝った造りは出来ませんが、

そこはワンオフ。。。

こだわり抜きます。

 

一般的なエキゾーストは、EXポート直後からφ42.7で始まることが多いですが、

中には性能を求めてφ38.1~42.7へとテーパー部を設ける物もあります。

ただ、今回のGSX-R1100は基本がSTDエンジン。

EXポートの口径はΦ35に満ちません。

φ35でエンジンから出てきた排気ガスをいきなりφ38で出すなんて・・・ましてやφ42.7なんてあり得ない!

なのでφ35で出力してから段階を経て口径を太くしていきます。

これから製作に入りますが集合に使うコレクター部も一般的なマフラーはパイプを角度切りし接合しますが、

弊社はチタンの板から切り出し丸めて製作します。

このコレクターの中でスムースに口径拡大を行いながら徐々にサイレンサーに導きます。

 

コストがかかる手法ですが、さきはまだまだですが頑張ります!

 

KZ900LTD

こんにちは塩見です。

 

毎日いろんな作業を行っていますが、昨日はお客様お待ちかねだった「DEGNER ST-01」

ストリートレザースーツが完成したので試着会に~

 

とっても喜んでくれたので良かった~。

 

デグナーさんと一緒に開発した思い入れのあるスーツですが、

すでに何着作ったのか?

とってもたくさんのオーダーをいただきました!!

 

ありがとうございます。

 

そして・・・

KZ900LTDの整備へ

 

今回、お客様が購入してきたKZ900LTDは、

輸入新規の車両でしたがたくさん手が掛かります。

フロントブレーキ、フォーク、電装系、タンク、キャブ、エンジン、etc///

そんな作業の中で・・・

 

サイレンサーの形が嫌っ

なので、インナサイレンサーだけ作り直しましたよ~

 

http://

 

i-phoneで撮影したので音がきれいに撮れませんでしたが参考までに~

 

さ~!本日も頑張りますね!

 

 

リアショック三昧?

おはようございます塩見です。

 

ここ最近、NUTECオイルの商品大量消費な毎日です ww

元々、フォークやショックに使用する専用フルードを開発依頼したのがもう10年くらい前。。。

それから長きに渡りお世話になっています。

 

先日から。

YOSHIMURA KAYABAのオーバーホール。

ヨシムラカヤバ

性能・・・ですが、お客様からのご要望にて作業です。

 

OHLINS トライアンフショック

トライアンフに使用するOHLINSツインショック。

オーバーホールを兼ねたカスタマイズを行いました。

 

GMD_EVOカートリッジKIT-BIG

KAWASAKI ZX-10のフロントフォークを弊社のカートリッジキットにてチューニング!

ギャップの走破性もとっても向上するんです。

 

KYBショック

こんなのも行いました!!

 

2人しかいませんので大量には捌けませんが適度に数をこなしていますよ。

 

あっ!そうそう。。。

当店はショック専門店ではございません。

 

認証工場として自動車、オートバイの販売から整備、車検も行います。

もちろん、足回りのGMDとしても頑張っています!

そしてFRENTUBOカーボンホースの日本販売元としても頑張っています。

で、ワンオフのマフラーや削り出し部品の製作などかなり多岐に渡ります・・・。

 

頑張っていますのでよろしくお願いします!!

 

 

 

 

追伸:皆様にお願い。。。

   

   しっかりとコミニケーションを取らせていただかないと上手くいかない業務内容もたくさんです。

   しっかりとした打ち合わせをさせていただくためにできるだけご来店、打ち合わせをお願いしたいと思います。

    

   

   

 

 

FAX送受信に関するお詫び

こんにちはKMT塩見です。

 

~皆様にお詫び~

先週末から現在まで弊社FAX回線の不良により、受信、発信が上手く出来ておりませんでした。

現在、回線は復旧しておりますのでよろしくお願いいたします。

 

う~ん、今年新しくなった複合機・・・手強いです 

KX250Fの前後ショックオーバーホール

こんばんは塩見です。

 

年初からたくさんのお仕事をいただき誠にありがとうございます。

実は・・・

昨年末に担当会計士にお叱りを受けたところでした。。。

売り上げは上がっているけどまだまだダメダメ。。。

もっともっと頑張らないとダメダメ。

 

少し頑張ろうかな~なんて思っていたら以心伝心。

年始から新規のお問い合わせやお仕事のご依頼がびっしり。

ありがとうございます。

 

休む間もなく頑張らせていただいておりますよ~

 

現在進行中の作業は、

ZX10の水回り・・・部品待ち。

アルト車検・・・完了。

S1000RR車検・・・明日完成予定。

Z1100GP・・・ワンオフ部品待ち。

GSXR750スイートナンバー製作・・・部品待ち。

CB750Fスイートナンバー製作&エンジンチューン・・・ワンオフ部品待ち他。

NINJA250スイートナンバー製作・・・ステム待ち。

KZ900・・・部品待ち。

F4RR・・・部品待ち。

などなど全部で19台作業待ち。

 

で、本日はKX250Fの前後ショックのメンテナンス。

KX250Fフロントフォーク

フロントフォークのオーバーホール!

内部まで完全にバラバラにした後に組み立て。

本日、OPスプリングのオーダーをしました。

スプリングが届いたら組み立てて終了です。

 

KX250Fリアショック

こちらのリアショックは通常のオーバーホールです。

明日には完成できるかしら~。

頑張っています。

 

ここのところ車検作業をして、気分転換にショック~、またまた気分転換に溶接など。

とにかく時間を切り詰めて動いています。

 

忙しいのって大変だけどとっても楽しい。

 

「暇だ暇だっ」「忙しい忙しいっ」て愚痴言う人もいますが、

楽しくやってるからこそお客様が集まるのだと思います。

 

会社の経営って大変でなんぼっ!

大変だから楽しいし遣り甲斐があるのです!!

 

今年は新しい計測システムの開発や、

新規設備の導入など。。。まだまだやりますよ!!

 

お楽しみに~

 

週末の新年会・・・参加受付終了しました!!

楽しみましょうね~!!

 

 

 

2018年NEWステムキット発売開始!!

こんばんは塩見です!

ハンドリングチューナーとして早19年目となりました我が社ですが、

車体、足回りのセットアップや性能を向上させることに主眼を置いた各種ワンオフパーツ群。

 

その中でも大きくハンドリング性能を向上させるチューニング。

それがオリジナルのステムキットを用いたジオメトリーセットアップです。

 

ステムキットって10万円台で買えるデコレーション製品もありますが、

ステムはハンドリングに大きく関与する重要部品。

 

切削精度だって大切ですし、

何よりも設計によっては大きく性能を落としてしまう結果に成りかねません。

素材にこだわり・・・

デザイン性能・・・そして上下の剛性バランスなど・・・

設計製作を独自に行ってきた我が社だからこその性能がここにあります。

 

こだわれば価格は高騰します。

でもあえて性能を落としてしまうコストダウンには興味がありません。

高価でも効果のある製品を開発設計製作し続けます。

 

2018年から販売を開始するモデルは、

今までの製品の集大成ともなる製品です。

 

価格は高いです。

高いのがウリです!!

性能も・・・

精度も・・・

ルックスも・・・

 

3DCADで書いた最新作をちらっとお見せします!!

 

2018ジオメトリーステムキット

2018ジオメトリーステムキット2

スーパーカブ88のチタンフルエキゾースト!!

こんばんは塩見です。

 

年末も近づきましたね~

でも・・・新しいお客様や新しい仕事が入り続けて嬉しいも年内にできるかどうか??

ものすごく慌ただしい状況になってきました。

 

今回の話題は・・・

ワンオフエキゾーストの製作ネタ。

お客様のマシンはホンダ スーパーカブ88!!

できるだけ純正マフラーっぽいスタイルで!

承りました。

 

予算はしっかりといただきましたので、

チタンの板を捌きます。

スーパーカブチタンフルエキ

ざっくりと図面を書きます。

今回のエキゾーストは以前にぶっちぎりの優勝を果たしたKSR110のエキゾースト理論を!!

シリンダEXポートから段差なくスムースに口径を拡げていく多段テーパーのウェルド管。

レース用であればサイレンサーを設けず、チャンバー室のみで排気するのですが今回は街乗り。

やかましいマフラーは大嫌いなのできちんと処理します。

 

スーパーカブチタンフルエキチャンバー

 

出来上がったチャンバー!

こいつでもりもりと湧き上がるトルクを発揮します!

容量は1L。

これだけで性能も出ますし、音量も静かになります。

ただ・・・

「ぽこん、ぽこん。」

という音質に・・;

なので、

スーパーカブチタンフルエキチャンバー&サイレンサー

このチャンバーの後部にサイレンサーを設けます。

できあがったらこの形。

スーパーカブチタンフルエキチャンバー&サイレンサー

スタンダードなカブマフラーっぽく!

これで性能もルックスも確保!

エキパイはチタンを板から切り出しテーパーパイプを製作。溶接。

コストを掛けたエキパイになりました!!

 

私の作るマフラー・・・見た目にエキパイが細く見えます。

いえ!市販マフラーが太すぎなんです!!

これは走らせれば分かります!!

 

https://youtu.be/gdLHp13bXJo

 

まだサイレンサーステーは出来ていませんがサウンドだけでもどうぞ!!

ただし・・・iPhoneで撮影したので実際の音より迫力ないですが。。。(笑)

ちなみに音量は98デシベルでした。

 

さー!明日も頑張りますね!!

 

kawasaki ZX-10の修理

こんばんは塩見です。

ZX10ストリップ

 

現在修理しているZ1100GPのエンジン部品を待っている間に・・・

昨日はCBR400Fのフレームを修理。

ヘッドパイプ付近に大きくあった歪を取りました!!

 

そして本日は、

ZX10のエンジンを降ろしました!

なんで??

エンジンをオーバーホールするの??

いえいえ・・・。

ZX10エンジンマウントクラック

エンジンを固定するためのマウントにクラック・・・いえ、ちぎれています ( ;∀;)

フレームとは別部品のくせに鋳造品。。。しかも薄いっ

これじゃ~クラック入るわな~ってことで、

ZX10エンジンマウント新造

鍛造の板から切り出します。

&肉厚も8mmへ!

こちらを溶接冶具を作製して溶接していきますね!

 

なんだかピットの中がたいへんなことになっていますが頑張っています!!

 

応援よろしくね~

 

ページ上部へ