ホーム>Honoka Factory公式BLOG

Honoka Factory公式BLOG

GSX-R1100用ライディングステップ装着

こんにちは塩見です。

 

今日も黙々と作業しています。。。

先日完成いたしましたSUZUKI GSX-R1100用ライディングステップキットですが、

私のマシンにも装着し、そのコントロール性能の高さは確認できました。

 

しかし、ノーマルの車輌とは大きく形が異なりますのでノーマルっぽい車輛に装着です!

GSX-R1100にライディングステップキットを装着

GSX-R1100にライディングステップキットを装着

弊社のライディングステップの特徴

 

1.メインプレートのみの構成とし部品点数を少なくしています。(これによりコントロール性能を引き下げてしまう左右方向のオフセットを軽減)

2.剛性を高めるためT=15mmの板から削り出し(メインプレートのみの構成になっていることでも剛性は上がります)

3.ステップ位置はライダーのコントロール下にマシンを置くことを重視したポジション

4.3D切削のハイグリップステップバーを標準装着

5.くるぶしまでもホールドできる厚みのあるヒールプレートを装着(一般的なステップキットは、左がチェーンガード、右はマスターガード程度の小さなものが多い)

 

これにより抜群のコントロール性を発揮します!!

詳しくはこちら!!http://www.gmdcomputrack.jp/shop/products/detail.php?product_id=240

 

そして・・・

ZZR1400のステップキットも製作しています!!

ZZR1400ステップキットをマシニングで切削

 

RC45(RVF750)用ステムキット製作

おはようございます塩見です。

 

お客様からのご要望にて製作していたRC45用ステムキットの形ができてきました!!

RC45ジオメトリーステム

元々、あまりジオメトリーを変更できず車体姿勢をハンドリングマシンに近づけることが難しいRC45ですが、

同じジオメトリーの中でもできることはあります。

 

トップブリッジ、アンダーブラケットを作り替えることにより剛性バランスを最適化!

これにより初期の旋回性能を上げることができます。

 

できる枠の中で最適を探す・・・これも私の仕事です。

 

http://www.gmdcomputrack.jp/shop/products/detail.php?product_id=251

 

CB750/900/1100F用薄型クランクケースカバー発売中!!

こんにちは塩見です。

 

苦心の作「CB750/900/1100F薄型クランクケースカバー」シリーズ

 

CB750F/900F/1100Fジェネレータカバー

アルマイト処理も終わり、伊藤電機さんとの共同で開発したステータコイルと合わせいつでも出荷できる体制となりました!

http://www.gmdcomputrack.jp/shop/products/detail.php?product_id=241

 

ノーマルのカバーと比べて20mm程度薄く仕上がったこのカバーで

コーナリング中の路面接触もかなり防止できるはずです。

 

極限にまで詰めた設計により苦労もしましたがどうにか形になりました!

 

皆様、どうぞよろしくお願いします!!

RC45用ブレンボ(40mmPich)フロントキャリパーサポート完成!

こんばんは・・・本日より5日までお休みをいただいております塩見です。

 

先日、お客様からのご依頼で設計していたキャリパーサポートが完成しました!!

車種はホンダの名車「RVF750(RC45)」です。

 

装着できるキャリパーはブレンボ40mmピッチのもの。

 

3次元CADにて設計し、CAMプログラムからマシニングセンタ切削まで一貫して自社製作しております。

RVF750(RC45)ブレンボサポート

 

採寸から設計、製作まで一貫して行うことで納期の短縮が図れています。

ただ・・・・・ご依頼がかなり多く、順番待ちの状態になっています。

もう一台欲しい!!マシニング。

RVF750(RC45)ブレンボサポート

完成です!!

フィッティングの細かな微調整を行い、プログラムを補正します

RVF750(RC45)ブレンボサポート

取り付けた感じはこんな感じです!

 

気になる方はこちらからどうぞ!!

 

 

3Dステップバー好評につき在庫がほぼなくなりました

こんにちは塩見です。

 

弊社の超絶グリップを誇る「JagerLauft3Dステップバー」ですが、

好評につき在庫が後2SETとなってしまいました。

 

昨年の11月にマシニングセンタを導入し、

なんだかんだで5ケ月です。

 

はじめは工具をクラッシュさせてしまったり、

マシンやジグの問題で精度に不満が出たり。。。

 

いろんな工夫を行い、まともな製品がたくさんできるようになりました 笑

 

3D-CNCステップバー製作

追加の製作を進めていますのでもうしばらくお待ちください!

弊社のマシニングセンタ。。。

稼働時間も早965時間。

日夜頑張ってくれています。

 

 

NINJA250のワンオフマフラー完成です

こんにちは塩見です。

 

やっと出来ました!!

やっとです。。。

 

NINJA250ワンオフエキゾーストマフラー

今回のエキゾーストマフラーもいつもの通りウェルド管で仕上げました!

エキゾーストポートから掃き出された燃焼ガスは、細身のエキパイを通りテーパー部で拡張されます。

NINJA250ワンオフエキゾーストマフラー

集合部のコレクターは一般的なパイプをカットしたものではなく板から切り出されたもので、

内部もテーパーになっています。

O2センサーボスも当然ながらチタン製。

NINJA250ワンオフエキゾーストマフラー

集合部以降はうねるようにオイルパンを交わし、テールパイプへと続きます。

テールパイプにもテーパーを設け、排気の流れをスムースに。

NINJA250ワンオフエキゾーストマフラー

サイレンサーもチタン製。

インナーのパンチングパイプもチタン製。

全体的に細身のマフラーを作るのは私の流儀ですが、

エキゾーストパイプは楽器です!

良い音が奏でられてこそ良い排気ができるのです!

 

試乗したフィーリングも上々で、

低速域からもアクセルに素直についてくる特性ともりもりとくるトルク感もバッチリ!

それでいて12000rpmを超える領域まで抜群に回ります。

 

また良いものを世に出せました!!

 

引き続き頑張りますね!!

詳しくはこちらhttp://www.gmdcomputrack.jp/contents/2017/11/post-28.php

 

 

CB750F/900F/1100F用ジェネレータカバー完成&発売開始!!

こんばんは塩見です。

 

長らくお待たせいたしましたが、CB-Fシリーズ(CB750F、CB900F、CB1100F)用のジェネレータカバーが完成いたしました!!

 

CB750F/900F/1100Fジェネレータカバー装着
注)写真はガンコート「サテンブラック」仕様

 

様々な仕様変更を経て理想的な性能を与えられたジェネレータ(発電機)のカバーです。

CB750F/900F/1100Fジェネレータカバー裏側
)写真はアルマイト処理前の製品です

 

内部は極限にまでバンク角を稼ぐためステータコイルの収まるスペースを切り詰め、数ミリのクリアランスで設計しました!

CB750F/900F/1100Fジェネレータカバー裏側

 

ステータコイルは東京にある伊藤電機さんとの共同開発にて完成したスペシャル!

発電容量を犠牲にすることなく幅を5mm以上短縮!

すべてのカバーに装着して販売します。

(ステータコイルのコア下取りプログラムもあります)

 

現車確認では1800rpm付近で14.0V以上を発生しました。

コイルが付属されるために弱ったコイルのリフレッシュも兼ねれます!

 

CB750/900/1100Fジェネレーターカバー
)写真はアルマイト処理前

 

CNC 3D切削で仕上げています。

CB750/900/1100Fジェネレーターカバー

 

純正のカバーと比べてもその薄さがわかります。

私もCB750Fでコーナリング中に路面と接触しドキッとしたことがありますが、

右側の張り出しが特に大きなCB-Fシリーズはこの部分が大きな課題でした。

 

今回のカバーは純正の部品に追加工することなくコンバートできます。

 

そして、CB-Fの弱点であるもう一つの問題。

立ちごけなどでケースを打ち付けた場合ケースのねじ貫通部のクリアランスが大きく、

ひずみやずれが発生しやすいこと。

私も昔、これにより発電不良を起こし走行不能になったことが2度あります。

 

元々CB-Fのオーナーだった経緯を活かし今回の製品開発に至りました!

 

皆様、どうぞよろしくお願いします!!

 

CB750F,CB900F,CB1100F,発電機,ステータ,ジェネレータ,クランクケース,CNC,削り出し・・・製品のページへ

 

 

マシニングセンタでNINJA250をリフレッシュ!

こんにちは塩見です。

 

大きな仕事ばかりですが頑張っています。

暖かくなったり・・・また寒くなったり・・・

体調管理には気をつけなきゃいけませんね!

 

 

昨年末に導入したマシニングセンタFNS BM653ATCの使い方、カスタマイズも進み、

以前よりも早く安定した製品作りができるようになってきました。

 

今回のご依頼は、

ストライカーライディングステップを付けたNINJA250.

そのままではかなり前で低い。

そのためお客様は延長ブラケットをかまし3段雛状態になっていました。

ただし・・・左右の張り出しが大きくなったばかりか、今度は後ろすぎます。

 

なので・・・専用のブラケットを製作。

NINJA250は左右で形状が異なるので左右別々に設計です。

 

プログラムを走らせて・・・

NINJA250を乗りやすくステップポジション

こんな感じ。。。

 

NINNJA250ステップポジション変更ブラケット

とてもしっくりとくるポジションになりました。

 

左右のフィッティングが確認出来たら最終のアルマイト処理です。

 

頑張っていますよ!!

CB750/900F用のCNCジェネレータカバーを製作

こんにちは塩見です。

 

ご機嫌に毎日精を出しています。

現在、GSX1100S刀のリア周りを大幅リニューアル中!!

せっせとフレームカットに勤しむ毎日です。

 

そして、

お客様からのご依頼が元で製作しているのがこちら・・・・・。

CB750F900FCNCジェネレータカバー

CNC削り出しのジェネレータカバーです。

元々、CB-Fシリーズはクランクケース右側にあるジェネレータカバーの張り出しが大きく、

バンク中に接地することが多くあります。

しかも、接地したり立ちゴケすることによりケースを固定るるためのボルトが曲がり、ローターコイルとステータコイルの接触が起き、

結果発電不良と相成る事例が多発。

 

 

それを解決するためにmm単位で切り詰めて設計。

接地する角の部分で幅を10mm狭くすることを実現!!

ステータコイルとセットで販売するSPLに関しては、STD比マイナス13mmという驚きの薄さ!!

 

WEB上で公開していきますのでお楽しみに!!

Z1000のフロントフォークをチューニング

こんにちは塩見です。

 

本日は寒気が来ていて・・・おさむ~ございます。

雪は降っていませんよ!

 

で本日は。

カワサキZ1000フロントフォーク

カワサキ 2013Z1000のフロントフォーク。

良くあるゴツゴツはないのだけれど・・・

今度は動きすぎてしまう傾向にあるこの子。

 

やはり定番のフォークチューニングです。

GMD_COMPバルブKASHIMA

組み込むのはもちろん!!GMD COMPバルブ

流量のバランスが素晴らしいバルブです。

 

SHOWAのシリンダに合わせ

φ22.4クランプ

またまたマシニングで製作しました!

SHOWAフォーク用のクランプです。

SHOWAφ22.4クランプ

こんなふうに使用します。

 

マシニングって便利です!!

ちょっとしたものもすぐに対応できますね!!

図面から完成まで2時間程度の簡単な部品製作です。

 

さ~!本日ももう少し頑張りますね!!

ページ上部へ