ホーム>Honoka Factory公式BLOG>エンジンのお話

エンジンのお話

ホンダCB750Fcのエンジンオーバーホール完了!!

こんにちは!塩見です。

 

オーバーホールをしていたホンダCB750Fcのエンジンに火入れを行いました!

お客様のご希望で完全なるストック状態ですが、

バルブシート加工やポートの荒取りなどストックを綺麗に廻すための手はきちんと入れています。

 

エンジンをかけた動画をアップしましたのでご覧ください!

 

 

ストックはストックで良いものですね!

車体もとても綺麗に維持されていて最高です。

これだけ綺麗なストックFは初めてかもしれません。

 

また良い仕事ができました!

最新3D CADCAMから昭和の名機CB750Fのエンジン整備

こんにちは塩見です。

 

8月の後半に入りいつもの調子を取り戻し始めた我が家。。。

少しずつ暑さも和らぎなんだか一気に秋の様相。

 

来月末に迫ったマシニングセンタ導入に向け、オーダーを受けている製品図面を書いています。

マシニングセンタ導入計画

3D CAD-CAMでの制作なのでかなり凝った作りも可能になりますよ!!

そんなこんなで図面データも豊富になっています。

 

そして・・・

作業の方はといえば・・・。

 

CB750Fクランクケースアッパー

CB750Fエンジン分解

ホンダCB750Fのエンジンオーバーホールを行っています。

どっさり付いていたカーボンも除去し綺麗になりました!!

 

こちらは明日からクランクメタルの計測作業です。

頑張れ~ 俺!!

KZ1300にFCR6連を装着

こんにちは塩見です。

 

いつもお世話になっているBITOさんにオーダーしていたFCRが入荷しました!!

KZ1300FCRパッケージ

φ33モデルを6連装・・・圧巻です

KZ1300FCR車載

純正のインシュレーターが絶版になっているための策ですが、

やっぱかっこいいですね~

足回りとエンジンをチューニング!!CB750F完成!

こんにちは塩見です。

 

昨年9月からお預かりしていたW氏のホンダCB750Fが完成いたしました!!

長い間お待ち頂き誠にありがとうございます。

 

元々は足回りのチューニングということでお預かりし、

ワンオフのジオメトリーステムキット製作。

ZRX1200フォークをGMDインナーチューニング。

BITOR&DマグタンJB4スペシャルオーダー品の装着。

サンスターワークスエキスパンドブレーキディスク装着。

スイングアーム加工。

ナイトロンGMDワンオフR3ステルスツイン製作装着。

前後FRENTUBOカーボテックブレーキホースへ変更。

など。。。

 

足回りのスペシャルショップが造る「安定性抜群でかつ抜群のハンドリング性能!」

 

しっかりと体感して頂けるマシンとなりました!!

 

そして、ワンオフの部品を待っている間にとエンジンチューニング!

ワイセコピストン、スリーブ打ち換えにてボアアップ。

クランクシャフトラッピング&フルバランス。

カムシャフトをCB1100R用に変更、タフブラック特殊焼入れ処理。

ミッションASSY、各部摺動部品WPC処理。

ポート研磨 など。

 

たくさんの時間と手間を掛けて生まれ変わりました!!

 

火入れの動画をアップしますのでご覧下さい!!

エンジンの驚く程に低ノイズな動画となりました。

 

 

 

CB750Fエンジン組立て~続編~

おはようございます塩見です。

 

やっと暖かくなってきましたね!!

バイクシーズン到来って感じです。

 

CB750FミッションASSYをWPC処理

現在作業を進めているHONDA CB750Fの作業。

エンジンを組み立てるために各部パーツをWPC処理依頼。

これはミッションASSYをWPCした一部ですがきれいに仕上がっています。

この処理をすることでスムーズな作動性とオーバーホールの期間を引き伸ばすことのできる対消耗性向上が期待できます。

 

弊社の作業では一般的になってきたこの処理ですが、

当然ながらコストの掛かるところなので長~い目で見てご判断を頂きたいところ。

これらを・・・

CB750FクランクケースにWPC処理した部品を組み込みます

組立てクランクケースの中に収めていきます。

もちろん、ベアリング等も新品に打ち替えていますよ!

 

CB750Fヘッド タフブラック処理したカムシャフト

ヘッドには「タフブラック」処理したカムシャフトが乗りました!!

さ~!エンジンの組立は折り返しを過ぎましたね。

頑張りますよ~

 

・・・そして・・・

2018.4.15PIT内

ピットの中・・・コンテナの中・・・

総勢23台のお預かりとなりました。

半分近くが重整備の車輌ですのでこれをこなすだけでも1ヶ月くらいは十分掛かりますね。

 

現在、お預かりに関してはピット内に収まらずお断りをしなければいけない状況です。

少しタイミングを調整してくださいね。

 

今年になってお預かり5台くらいで「さ~、今日は何しよう~??」って言っていた3日間が懐かしいっ

 

頑張りますね~

 

 

CB750Fエンジンチューニング!

こんにちは塩見です。

 

本日はエンジンのネタ!

本来は足回りのチューニングでお預かりしているCB750F

ワンオフステムの納期が掛かってしまい待っている間にエンジンも・・・・とユーザー様からのご要望!

 

では、余裕の出る足回りの性能に合わせエンジンチューニングと相成ります。

 

現在、埼玉のINOUEボーリングさんへ出しているクランクケースやシリンダーなどが帰ってくるまでに・・・

CB750Fエキゾーストポート研磨

ワイセコピストンにて890ccになるエンジンに合わせ、

ポートを拡大していきます。

かなり大きく加工しますのでまずは・・・超硬刃にてガリガリと荒削り。

大まかにポートの形状を造っていきます。

 

この作業だけでも4時間強の作業です。。。(*´∀`*)

 

CB750Fエキゾーストポート研磨中研磨

 

その後はペーパーにて中削り。。。

またまた数時間。。。

 

最終的にはもっと目を小さくしていくのですが、鏡面仕上げはEXのみに留めます。

インテークは少しザラッとした感じに仕上げ吸気(混合ガス)の霧化促進を行います。

もう少しこの作業は続きますよ~

 

なかなか書けないBLOGでごめんなさい。。。

日々頑張っています!!

 

本日の作業日誌

こんばんは塩見です。

 

やはりごめんなさい。

今年こそはしっかりとBLOG書こうと思いながら・・・

経営、事務、作業、営業、外回りをしながら余暇にBLOGが余暇を作れない。。。

本当はPCに向かうのが嫌いなのかも・・・?

いや嫌いです。 ww

 

毎日毎日がたくさんのネタに溢れているのですが、

選んでいるとまた書けなくなるので本日の作業日誌。

 

昨日OEMでお願いしていたCB750Fのエンジンブラスト。

本当は作業が込み合っていて時間が掛かるって言われていたのですが・・・

少し手が空いたから・・・と、

CB750Fエンジン塗装下地ブラスト処理

真っ白になって帰ってきました。

このエンジン、すでに中身は空っぽです。

これからガンコート塗装の工程に入っていきます。

とりあえずはガンコートの塗料が足りないので即注文。。。

 

塗料が来るまでカムシャフトをタフブラックコーティングの依頼。

クランクはバランス取りのため埼玉へと旅立ちます。

さ~!エンジンの作業内容たっぷり・・・納期は大丈夫なのか???ちと不安。

 

ワンオフCB750Fステム

 

ステムブラケットも出来上がってきました!

詳細はまた後日。

 

そして・・・

チタンパイプの溶接

輪切りチタンをコツコツとTIG溶接したら・・・

ざざざ~っと組み立てていきます。

GSXR1100ワンオフチタンマフラーウェルド製作

 

GSXR1100ワンオフチタンマフラーウェルド製作その2

一般的に市販されているマフラーは量産性と価格バランスのため凝った造りは出来ませんが、

そこはワンオフ。。。

こだわり抜きます。

 

一般的なエキゾーストは、EXポート直後からφ42.7で始まることが多いですが、

中には性能を求めてφ38.1~42.7へとテーパー部を設ける物もあります。

ただ、今回のGSX-R1100は基本がSTDエンジン。

EXポートの口径はΦ35に満ちません。

φ35でエンジンから出てきた排気ガスをいきなりφ38で出すなんて・・・ましてやφ42.7なんてあり得ない!

なのでφ35で出力してから段階を経て口径を太くしていきます。

これから製作に入りますが集合に使うコレクター部も一般的なマフラーはパイプを角度切りし接合しますが、

弊社はチタンの板から切り出し丸めて製作します。

このコレクターの中でスムースに口径拡大を行いながら徐々にサイレンサーに導きます。

 

コストがかかる手法ですが、さきはまだまだですが頑張ります!

 

kawasaki ZX-10の修理

こんばんは塩見です。

ZX10ストリップ

 

現在修理しているZ1100GPのエンジン部品を待っている間に・・・

昨日はCBR400Fのフレームを修理。

ヘッドパイプ付近に大きくあった歪を取りました!!

 

そして本日は、

ZX10のエンジンを降ろしました!

なんで??

エンジンをオーバーホールするの??

いえいえ・・・。

ZX10エンジンマウントクラック

エンジンを固定するためのマウントにクラック・・・いえ、ちぎれています ( ;∀;)

フレームとは別部品のくせに鋳造品。。。しかも薄いっ

これじゃ~クラック入るわな~ってことで、

ZX10エンジンマウント新造

鍛造の板から切り出します。

&肉厚も8mmへ!

こちらを溶接冶具を作製して溶接していきますね!

 

なんだかピットの中がたいへんなことになっていますが頑張っています!!

 

応援よろしくね~

 

Z400GPのエンジン組み上げ

おはようございます塩見です。

 

本日は定休日ですが、昨日の作業を・・・

20173158815.JPG

9mmオーバーサイズになるワイセコピストンを組んだZ400GPのシリンダー。

STDのシリンダーがエンジントラブルのために傷だらけになってしまったための施工です。

20173158112.JPG

バルブ回りも完全に新品交換。

シートもきちんとすり合わせを行いクリアランスをチェック!

組み上がったヘッドをシリンダーの上に乗せバルブタイミング合わせを行います。

タペットクリアランスも合わせほぼ完成!

明日からエンジンを車体に乗せ最終的なチェックに入ります。

 

お客様のご来店と数々のお問い合わせでなかなか進みませんが頑張っていますよ!!

もうしばらくお待ちくださいね。

やっとエンジンに着手。。。

こんばんは塩見です。

 

本日は定休日でしたので、昨日のネタですみません。。。

春からお預かりしていたZX11のエンジン修理に着手しました!

今までかなり忙しくしていましたので手を付けることができませんでしたが、

ここからガンバるのです。

 

エンジンは弊社が手を入れたものではないのでどうなっているのか?

一旦は現状把握です。

ZX11燃焼室容積

ボアップされたエンジンの燃焼室容積を測定します。

結果は、シリンダ=△4.2㏄、ヘッド=22㏄。

プラスガスケット分の容積3㏄。

圧縮比は13.3対1でした。

普通に乗るには圧縮が高すぎますので手直しをしながら組み上げていきますね~

とりあえずは必要な部品のオーダーです。

 

頑張りますね~

ページ上部へ