ホーム>Honoka Factory公式BLOG>ワンオフステムキット

ワンオフステムキット

マシニングセンター導入

こんにちは塩見です。

 

BLOGを書くためのログインができず・・・時間だけが経ってしまいました。

言い訳です (*´∀`*)

 

やっと!!

やっとですが、弊社にマシニングセンタがやってまいりました!

 

マシニングセンタ

思っていたより大きくてビックリ。

 

早速切削加工のプログラミングを進めています。

 

現在、

VTZ250リアキャリパーサポート

リアキャリパーのサポートをワンオフで作ったり。。。

CB1100ブレンボマスターサポート

マスターシリンダのサポートを作ったり。。。

 

もうすでにNCプログラムは20超です。

 

ステムキットの製作も控えていますので頑張ってなれなければいけませんね~

 

日々、頑張っています!!

 

最新3D CADCAMから昭和の名機CB750Fのエンジン整備

こんにちは塩見です。

 

8月の後半に入りいつもの調子を取り戻し始めた我が家。。。

少しずつ暑さも和らぎなんだか一気に秋の様相。

 

来月末に迫ったマシニングセンタ導入に向け、オーダーを受けている製品図面を書いています。

マシニングセンタ導入計画

3D CAD-CAMでの制作なのでかなり凝った作りも可能になりますよ!!

そんなこんなで図面データも豊富になっています。

 

そして・・・

作業の方はといえば・・・。

 

CB750Fクランクケースアッパー

CB750Fエンジン分解

ホンダCB750Fのエンジンオーバーホールを行っています。

どっさり付いていたカーボンも除去し綺麗になりました!!

 

こちらは明日からクランクメタルの計測作業です。

頑張れ~ 俺!!

年末から稼動。。。3軸マシニングセンタ

こんにちは塩見です。

 

ここ最近暑いせいかお仕事がゆっくりです。。。

どしどしお申し付けくださいね~。

 

で、仕事が少ないこの間に・・・

2009-カワサキZX-6Rステム

3D-CADを駆使して図面の製作です。

 

この年末からマシニングセンタを導入しますのでそれに向け数本のステムデータを立ち上げています。

一般的なステムキットは、純正のデータに基づいて設計されていますが、

当社のステムキットはジオメトリー変更し、よりマシンの動きを適正化するためのチューニングパーツとなります。

 

設備の導入で今までコスト的に難しかったワンオフ対応も可能になり、

より1台1台に合わせたセットアップが可能となります。

 

ワンオフに関しても通販という形も模索しておりますが、

基になるデータが必要となりますので、各地のGMD店との提携での製作受付という形になりそうです。

 

ご期待下さい!!

 

カワサキZX-6Rにφ50-54倒立カートリッジフォークを装着

こんにちは塩見です。

 

なかなかうまく進まない今日この頃です ww

昨日から行っているKZ1000のフレーム補強もほぼほぼ完了し、

本日サイドカバーやバッテリケースをマウントするためのステー製作のため図面おこしから・・・。

無事外注先に製作委託しました!!

 

そして・・・

 

カワサキのZX-6Rさん

 

・・・BPFです。

私はBPFが出始めた当初から苦手。。。です。

どうやっても初期のフリクションの高さが原因とみられる動きの悪さが取れず、

ここ最近はどうにかして・・・という根性を見せないことにしています。

 

で、解決策。

 

通常のカートリッジフォークをコンバート!!

2009年以降のZX-6Rはφ50-53というフォーク径なので簡単には行きません。

仕方がないのでブラケット製作。

 

2009-カワサキZX-6Rステム

http://www.gmdcomputrack.jp/shop/products/detail.php?product_id=224

 

これですべてが上手くいく!!

足回りとエンジンをチューニング!!CB750F完成!

こんにちは塩見です。

 

昨年9月からお預かりしていたW氏のホンダCB750Fが完成いたしました!!

長い間お待ち頂き誠にありがとうございます。

 

元々は足回りのチューニングということでお預かりし、

ワンオフのジオメトリーステムキット製作。

ZRX1200フォークをGMDインナーチューニング。

BITOR&DマグタンJB4スペシャルオーダー品の装着。

サンスターワークスエキスパンドブレーキディスク装着。

スイングアーム加工。

ナイトロンGMDワンオフR3ステルスツイン製作装着。

前後FRENTUBOカーボテックブレーキホースへ変更。

など。。。

 

足回りのスペシャルショップが造る「安定性抜群でかつ抜群のハンドリング性能!」

 

しっかりと体感して頂けるマシンとなりました!!

 

そして、ワンオフの部品を待っている間にとエンジンチューニング!

ワイセコピストン、スリーブ打ち換えにてボアアップ。

クランクシャフトラッピング&フルバランス。

カムシャフトをCB1100R用に変更、タフブラック特殊焼入れ処理。

ミッションASSY、各部摺動部品WPC処理。

ポート研磨 など。

 

たくさんの時間と手間を掛けて生まれ変わりました!!

 

火入れの動画をアップしますのでご覧下さい!!

エンジンの驚く程に低ノイズな動画となりました。

 

 

 

本日の作業日誌

こんばんは塩見です。

 

やはりごめんなさい。

今年こそはしっかりとBLOG書こうと思いながら・・・

経営、事務、作業、営業、外回りをしながら余暇にBLOGが余暇を作れない。。。

本当はPCに向かうのが嫌いなのかも・・・?

いや嫌いです。 ww

 

毎日毎日がたくさんのネタに溢れているのですが、

選んでいるとまた書けなくなるので本日の作業日誌。

 

昨日OEMでお願いしていたCB750Fのエンジンブラスト。

本当は作業が込み合っていて時間が掛かるって言われていたのですが・・・

少し手が空いたから・・・と、

CB750Fエンジン塗装下地ブラスト処理

真っ白になって帰ってきました。

このエンジン、すでに中身は空っぽです。

これからガンコート塗装の工程に入っていきます。

とりあえずはガンコートの塗料が足りないので即注文。。。

 

塗料が来るまでカムシャフトをタフブラックコーティングの依頼。

クランクはバランス取りのため埼玉へと旅立ちます。

さ~!エンジンの作業内容たっぷり・・・納期は大丈夫なのか???ちと不安。

 

ワンオフCB750Fステム

 

ステムブラケットも出来上がってきました!

詳細はまた後日。

 

そして・・・

チタンパイプの溶接

輪切りチタンをコツコツとTIG溶接したら・・・

ざざざ~っと組み立てていきます。

GSXR1100ワンオフチタンマフラーウェルド製作

 

GSXR1100ワンオフチタンマフラーウェルド製作その2

一般的に市販されているマフラーは量産性と価格バランスのため凝った造りは出来ませんが、

そこはワンオフ。。。

こだわり抜きます。

 

一般的なエキゾーストは、EXポート直後からφ42.7で始まることが多いですが、

中には性能を求めてφ38.1~42.7へとテーパー部を設ける物もあります。

ただ、今回のGSX-R1100は基本がSTDエンジン。

EXポートの口径はΦ35に満ちません。

φ35でエンジンから出てきた排気ガスをいきなりφ38で出すなんて・・・ましてやφ42.7なんてあり得ない!

なのでφ35で出力してから段階を経て口径を太くしていきます。

これから製作に入りますが集合に使うコレクター部も一般的なマフラーはパイプを角度切りし接合しますが、

弊社はチタンの板から切り出し丸めて製作します。

このコレクターの中でスムースに口径拡大を行いながら徐々にサイレンサーに導きます。

 

コストがかかる手法ですが、さきはまだまだですが頑張ります!

 

2018年NEWステムキット発売開始!!

こんばんは塩見です!

ハンドリングチューナーとして早19年目となりました我が社ですが、

車体、足回りのセットアップや性能を向上させることに主眼を置いた各種ワンオフパーツ群。

 

その中でも大きくハンドリング性能を向上させるチューニング。

それがオリジナルのステムキットを用いたジオメトリーセットアップです。

 

ステムキットって10万円台で買えるデコレーション製品もありますが、

ステムはハンドリングに大きく関与する重要部品。

 

切削精度だって大切ですし、

何よりも設計によっては大きく性能を落としてしまう結果に成りかねません。

素材にこだわり・・・

デザイン性能・・・そして上下の剛性バランスなど・・・

設計製作を独自に行ってきた我が社だからこその性能がここにあります。

 

こだわれば価格は高騰します。

でもあえて性能を落としてしまうコストダウンには興味がありません。

高価でも効果のある製品を開発設計製作し続けます。

 

2018年から販売を開始するモデルは、

今までの製品の集大成ともなる製品です。

 

価格は高いです。

高いのがウリです!!

性能も・・・

精度も・・・

ルックスも・・・

 

3DCADで書いた最新作をちらっとお見せします!!

 

2018ジオメトリーステムキット

2018ジオメトリーステムキット2

CB750FC用のジオメトリーステムキットのCAD図面完成

おはようございます塩見です。

 

CB750FCステム図面

 

新しいステムキットの図面ができました!

車輌の採寸から始まり、適正なジオメトリー数値を算出。

その数値を基に書き上げます。

なかなか大変な作業ですが、出来上がった車輌のことを想像したら手を抜けません。

これから工場に転送しますね!

GSX1100S刀のジオメトリー

こんばんは塩見です。

 

やっとここまでやってきました~

201656211744.JPG

11月の末にオーダーしていたステムキットが入荷!!

今回は工場の繁忙期と重なり、今までにない納期を要してしまいました。。。

完全にワンオフで作ってもらっているのでご無理も言えず。

でも5ケ月はいつもの倍以上 ( ;∀;)

 

実際にこのステムキットをワンオフ対応で製作してくださる精度の出せる工場がなく。。。

本来ならば価格を上げて対応すべきなのですが、、、ここのところが難しい。。。

実際は50万円くらいになるのかな?>>完全ワンオフ。

 

低価格にて製作してくれるこの工場に感謝します。

 

20165621239.JPG

現在、仮組を行い、

ハンドルストッパーの位置決めとその他もろもろ。。。

これからメインスイッチブラケットの作製です。

 

まだまだ頑張らないといけないですね・。

201656212610.JPG

頑張りますね!!

またまた更新ですが

こんばんは2塩見です!

 

届きました~

やっと・・・やっとです。

201642921438.JPG

11月の末にCAD図面を送っていた弊社のステムキットが出来上がりました!!

こちらは刀1100用のワンオフ品。

φ43OHLINSフォークに合わせた製作です。

たいへん長らくお待たせしました!!

これからフィッティング作業開始です。

 

そして。。。

20164292176.JPG

こちらは05-06GSXR1000用。

超軽量バージョンです!!

今後はこのバージョンが基本になりますよ~

こちらも頑張って進めますね!!

 

とはいえ、優先順位は刀から。。。

 

ページ上部へ