ホーム>Honoka Factory公式BLOG>マシニングセンタ>i-PHONE XRのアルミ削り出しバンパー
マシニングセンタ

i-PHONE XRのアルミ削り出しバンパー

こんにちは塩見です。

 

マシニングを導入し早8か月・・・。

いろんな製品を製作してきましたが、今回はバイク用iphoneケース。

I-PHONExrバンパー

 

アルミからの削り出しで製作しています。

開発にあたり様々なケースを調べました。

 

デザイン、売れ筋の価格帯など。。。

 

でも、やっぱり独自で行きたいなと!

 

まずはバイクにマウントした際にごちゃごちゃしないこと。。。

 

そこで底面にラムマウントをボルトオンできる構造にします。

ラムマウントひし形ジョイント

それに伴い一般的なアルミ製バンパーの剛性不足を補うためにリブを設けます。

シンメトリーなデザインが嫌いな私。。。

I-PHONExrバンパー

各部のR処理をばらばらの径に!

いかした感じですかね・。

 

どうしても軽さを求めるがゆえに淵だけで構成されるバンパー。

落下させた際にケースが歪み、その応力によってガラスが損傷するみたいです。

できるだけ軽量にしながら、剛性を保つ。

いろいろ考えました。

 

そして、本体とケースの間に設ける衝撃吸収帯。

いろんなことを考えましたが・・・ここは。

https://www.wrapsol-jp.com/

ラプソル社の全面保護フィルム。

これだけでも落下させた際に起きるトラブルを払拭できる優れもの。

3400円と高価ですが、これを組み合わせることにより最強のケースが生まれそうです。

 

アルミ3D切削+手研磨仕上げ+化研アルマイト処理+ラプソルフィルム

とても高価な組み合わせのケースが生まれます。

 

販売価格は、材料や手間などを加味し12000~13000円程度を考えています。

当然ながらラプソルも付属させるつもりですが、ケースだけの販売も行います。

ただし、その際には衝撃緩和策を行っていただきます。

 

販売開始までもうしばらくお待ちください。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.gmdcomputrack.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/188

ページ上部へ