ホーム>Honoka Factory公式BLOG>2019年3月

2019年3月

マシニングセンタでNINJA250をリフレッシュ!

こんにちは塩見です。

 

大きな仕事ばかりですが頑張っています。

暖かくなったり・・・また寒くなったり・・・

体調管理には気をつけなきゃいけませんね!

 

 

昨年末に導入したマシニングセンタFNS BM653ATCの使い方、カスタマイズも進み、

以前よりも早く安定した製品作りができるようになってきました。

 

今回のご依頼は、

ストライカーライディングステップを付けたNINJA250.

そのままではかなり前で低い。

そのためお客様は延長ブラケットをかまし3段雛状態になっていました。

ただし・・・左右の張り出しが大きくなったばかりか、今度は後ろすぎます。

 

なので・・・専用のブラケットを製作。

NINJA250は左右で形状が異なるので左右別々に設計です。

 

プログラムを走らせて・・・

NINJA250を乗りやすくステップポジション

こんな感じ。。。

 

NINNJA250ステップポジション変更ブラケット

とてもしっくりとくるポジションになりました。

 

左右のフィッティングが確認出来たら最終のアルマイト処理です。

 

頑張っていますよ!!

CB750/900F用のCNCジェネレータカバーを製作

こんにちは塩見です。

 

ご機嫌に毎日精を出しています。

現在、GSX1100S刀のリア周りを大幅リニューアル中!!

せっせとフレームカットに勤しむ毎日です。

 

そして、

お客様からのご依頼が元で製作しているのがこちら・・・・・。

CB750F900FCNCジェネレータカバー

CNC削り出しのジェネレータカバーです。

元々、CB-Fシリーズはクランクケース右側にあるジェネレータカバーの張り出しが大きく、

バンク中に接地することが多くあります。

しかも、接地したり立ちゴケすることによりケースを固定るるためのボルトが曲がり、ローターコイルとステータコイルの接触が起き、

結果発電不良と相成る事例が多発。

 

 

それを解決するためにmm単位で切り詰めて設計。

接地する角の部分で幅を10mm狭くすることを実現!!

ステータコイルとセットで販売するSPLに関しては、STD比マイナス13mmという驚きの薄さ!!

 

WEB上で公開していきますのでお楽しみに!!

ページ上部へ