ホーム>Honoka Factory公式BLOG>エンジンのお話>最新3D CADCAMから昭和の名機CB750Fのエンジン整備
エンジンのお話

最新3D CADCAMから昭和の名機CB750Fのエンジン整備

こんにちは塩見です。

 

8月の後半に入りいつもの調子を取り戻し始めた我が家。。。

少しずつ暑さも和らぎなんだか一気に秋の様相。

 

来月末に迫ったマシニングセンタ導入に向け、オーダーを受けている製品図面を書いています。

マシニングセンタ導入計画

3D CAD-CAMでの制作なのでかなり凝った作りも可能になりますよ!!

そんなこんなで図面データも豊富になっています。

 

そして・・・

作業の方はといえば・・・。

 

CB750Fクランクケースアッパー

CB750Fエンジン分解

ホンダCB750Fのエンジンオーバーホールを行っています。

どっさり付いていたカーボンも除去し綺麗になりました!!

 

こちらは明日からクランクメタルの計測作業です。

頑張れ~ 俺!!

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.gmdcomputrack.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/151

ページ上部へ