ホーム>Honoka Factory公式BLOG>サスペンション>ダンパーロッドタイプのフロントフォークには・・・
サスペンション

ダンパーロッドタイプのフロントフォークには・・・

おはようございます塩見です。

 

暑さのせいか少しだけ仕事が少ない今日この頃です。

とはいえ、お預かりの車両整備がありますので今のうちにこなしておきましょう~!!

 

現在、お預かりしているKSR110フロントフォークのチューニング作業をしていますが、

内部に使うのは当社のダンパーロッドカートリッジ!

通常のカートリッジフォークに使うカートリッジバルブを専用のアダプターを介して装着します。

 

ダンパーロッドカートリッジ内部

 

ダンパーロッドタイプのフォークに使われるインナーチューブには元々伸び側のダンパーユニットが組み込まれていますので、

おのバルブキットのメイン制御は厚側となります。

ただし。。。

構造上、伸びのダンピングにも作用がありますのでその恩恵として低粘度のフォークオイルが使用できるようになるのです。

ミニバイク用では#5のオイルが使えます。

ビックバイク用では#10のオイルを・・・。

 

ミニバイク用ダンパーロッドカートリッジ

 

低粘度のオイルを使うことによるメリットはたくさん!!

ぜひ皆様もお試しあれ!!

 

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.gmdcomputrack.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/147

ページ上部へ