ホーム>Honoka Factory公式BLOG>TIG溶接>KZ1000のフレーム加工
TIG溶接

KZ1000のフレーム加工

おはようございます塩見です。

 

なかなかBLOG更新できなくてすみません。

やっぱりマメなのが一番だと分かっていても・・・反省っ

 

今回はカワサキKZ1000のお話。

お客様からのご依頼でフレームから足回り、エンジンまでカスタマイズをすることになりました。

お客様ご自身がある程度作業ができる方なので当社は少しだけ。。。

 

カワサキKZ1000フレーム

不必要なステー類をカットし、アライメントのチェックを行いました。

 

フレームの補強を行うのですが、

フレームそのものが真っ直ぐでなくてはマイナス効果です。

きちんと真っ直ぐを出してから補強しないととんでもなく取り返しのつかないことに。。。

 

今回のフレームは精度よく手直しは必要なさそうです。

 

フレーム補強を行いますが、その作業もジグの上で・・・

当然ながら熱歪の危険もありますのでジグ上で管理しながらの作業となります。

 

この作業が終わったらOEMでサンドブラスト処理を行い、ガンコート塗装に進みます。

 

またご報告しますね!!

 

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.gmdcomputrack.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/148

ページ上部へ