ホーム>Honoka Factory公式BLOG>サスペンション>ZZR1400のフロントフォーク変更
サスペンション

ZZR1400のフロントフォーク変更

こんにちは塩見です。

 

今回は足回りのネタ。。。

カワサキZZR1400のフロントフォークのお話です。

 

STDのフォークはギャップにもろくゴツゴツとしたノリ味が出てしまいます。

通常はインナーピストンを交換するフォークチューニングが定番のお仕事です。

今回お預かりのZZR1400も例に漏れずチューニングは施していたのですが、ユーザーさんからの要望にてOHLINSに変更!!

ZZR1400オーリンズNICS

装着後に私が試乗・・・・・・?

動きそのものは良いのですがコーナリング中のギャップ(道の轍)でゆらゆらと振られます。

 

ユーザー様にもこのお話を行った上で解決策を・・・

「THE。クロモリシャフト!!!」

OHLINSの構造そのものが片側COMP、片側TENというアンバランスなもの

当然ながら左右で動きに違いが出ます。

純正のフロントアクスルでは完全に剛性不足!

HRC硬度60を誇る弊社のクロモリシャフトを装着すればこの問題は解決するのでは??と・・・。

 

装着後再度走行!

見違えるほどの走行安定性に変化!!

これでお客様に安心してお乗りいただけます。

 

ZZR1400OHLINS&クロモリシャフト

後日、ユーザー様からも

「むちゃくちゃ良くなりました~!!」

って喜びの声をいただけました!!

 

ありがとうございます

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.gmdcomputrack.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/131

ページ上部へ