ホーム>Honoka Factory公式BLOG>サスペンション>カワサキNINJA1000のフロントフォークチューニング
サスペンション

カワサキNINJA1000のフロントフォークチューニング

おはようございます塩見です (*´∀`*)

 

今回はKAWASAKI NINJA1000の足回りネタっ!!

NINJA1000に乗っている方は気づいているでしょうが、

このバイクのフロントフォークのインナーには平成始めの良き時代のカートリッジ(ピストン)が組み込まれています。

201652210842.jpg

ここ最近のスポーツバイクは一貫してオリフィスの小さなピストンを採用し、

ギャップの乗り越え時に「ゴツンっ」って衝撃がくるものが多い。。。

 

でもこの時代のフォークにはそれがありませんでした。

ものすごくオリフィスが大きなピストンが採用されておりオイルロックを起こすことがなかったのです。

 

これらを採用していた代表的な車種としてはホンダCB1000 BIG1など。

 

ただ・・・

大きなオリフィスに加え、バイパスラインが設けられることで初期のオイルフローが多く、

フワンフワンとした落ち着きのない動きをしてしまう事実も。。。(^_^;)

 

そこで・・・

201652210923.jpg

伸び側にMUPOのピストンキットを採用します!!

適切なオリフィスにすることで動きを大きく変えることができます。

2016522101147.jpg

圧側は弊社のオリジナルにする予定ですよ~

 

これから組み換えの作業でございます!

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.gmdcomputrack.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/41

ページ上部へ