ホーム>Honoka Factory公式BLOG

Honoka Factory公式BLOG

少しずつ。。。

こんにちは塩見です。

 

マシニングセンターがやってきてから早3週間が経ちました。

 

いろんなプログラムを実行して練習をしていましたが、

いよいよものづくりのスタートです。

 

ブレンボマスターサポート

綺麗に加工ができるようになってきました!

今までは3DCADで図面作成だけでしたが、実際にマシンを前にものを作るのは段違いに難しい。

今までもOEMでワンオフをお願いしてきましたが、

高いのは当たり前でしたね。。。

 

実際にやってみないとこの苦労はわかりません。

 

さ~。

我が社のマシニングセンタも動き続けて早180時間。

もくもくと頑張ってくれています。

 

マシニングセンター導入

こんにちは塩見です。

 

BLOGを書くためのログインができず・・・時間だけが経ってしまいました。

言い訳です (*´∀`*)

 

やっと!!

やっとですが、弊社にマシニングセンタがやってまいりました!

 

マシニングセンタ

思っていたより大きくてビックリ。

 

早速切削加工のプログラミングを進めています。

 

現在、

VTZ250リアキャリパーサポート

リアキャリパーのサポートをワンオフで作ったり。。。

CB1100ブレンボマスターサポート

マスターシリンダのサポートを作ったり。。。

 

もうすでにNCプログラムは20超です。

 

ステムキットの製作も控えていますので頑張ってなれなければいけませんね~

 

日々、頑張っています!!

 

少しずつですが進んでいます

こんにちは塩見です。

 

現在製作を進めているGSX1100Sカタナのフルエキゾーストですが、

凝りに凝っているがゆえ進みません   ワラ

 

GSX1100Sチタンフルエキ#12

#1、#2が形になりました。

この時点でTIG溶接長は2mを超えています。。。

エキパイ1本作るのに1日掛かりで進んでいます。

とにかく性能優先ですが、ルックスも考えながら進んでいます。

#3なんて・・・完全にトグロのようになりますね。。。

 

お楽しみに~

GSX1100SKATANAのフルエキ製作

おはようございます塩見です。

 

なんだか調子の出てきた感じの今日この頃。。。

またまた毎日作業三昧です。

 

現在勧めているのはGSX1100SKATANA。

GSX1100Sチタンコレクター製作

フルチタン製のコレクターですが・・・

パイプ材は一切使用しておりません!

すべて板からの切り出し材です。

 

なので、通常はパイプをカットして行うコレクター部も板から。。。

これにより内部に弱テーパーを掛けています。

φ38で各気筒から入力された排気ガスをスムースにφ42.7へと繋ぎます。

ものすごく手間のかかる作業ですがワンオフなのでこだわらないといけません。

 

市販品でできないことをやれるから高効率で高性能なエキゾーストが作れるのですよ!!

 

なんて・・・頑張っています!!

ホンダCB750Fcのエンジンオーバーホール完了!!

こんにちは!塩見です。

 

オーバーホールをしていたホンダCB750Fcのエンジンに火入れを行いました!

お客様のご希望で完全なるストック状態ですが、

バルブシート加工やポートの荒取りなどストックを綺麗に廻すための手はきちんと入れています。

 

エンジンをかけた動画をアップしましたのでご覧ください!

 

 

ストックはストックで良いものですね!

車体もとても綺麗に維持されていて最高です。

これだけ綺麗なストックFは初めてかもしれません。

 

また良い仕事ができました!

最新3D CADCAMから昭和の名機CB750Fのエンジン整備

こんにちは塩見です。

 

8月の後半に入りいつもの調子を取り戻し始めた我が家。。。

少しずつ暑さも和らぎなんだか一気に秋の様相。

 

来月末に迫ったマシニングセンタ導入に向け、オーダーを受けている製品図面を書いています。

マシニングセンタ導入計画

3D CAD-CAMでの制作なのでかなり凝った作りも可能になりますよ!!

そんなこんなで図面データも豊富になっています。

 

そして・・・

作業の方はといえば・・・。

 

CB750Fクランクケースアッパー

CB750Fエンジン分解

ホンダCB750Fのエンジンオーバーホールを行っています。

どっさり付いていたカーボンも除去し綺麗になりました!!

 

こちらは明日からクランクメタルの計測作業です。

頑張れ~ 俺!!

年末から稼動。。。3軸マシニングセンタ

こんにちは塩見です。

 

ここ最近暑いせいかお仕事がゆっくりです。。。

どしどしお申し付けくださいね~。

 

で、仕事が少ないこの間に・・・

2009-カワサキZX-6Rステム

3D-CADを駆使して図面の製作です。

 

この年末からマシニングセンタを導入しますのでそれに向け数本のステムデータを立ち上げています。

一般的なステムキットは、純正のデータに基づいて設計されていますが、

当社のステムキットはジオメトリー変更し、よりマシンの動きを適正化するためのチューニングパーツとなります。

 

設備の導入で今までコスト的に難しかったワンオフ対応も可能になり、

より1台1台に合わせたセットアップが可能となります。

 

ワンオフに関しても通販という形も模索しておりますが、

基になるデータが必要となりますので、各地のGMD店との提携での製作受付という形になりそうです。

 

ご期待下さい!!

 

カワサキZX-6Rにφ50-54倒立カートリッジフォークを装着

こんにちは塩見です。

 

なかなかうまく進まない今日この頃です ww

昨日から行っているKZ1000のフレーム補強もほぼほぼ完了し、

本日サイドカバーやバッテリケースをマウントするためのステー製作のため図面おこしから・・・。

無事外注先に製作委託しました!!

 

そして・・・

 

カワサキのZX-6Rさん

 

・・・BPFです。

私はBPFが出始めた当初から苦手。。。です。

どうやっても初期のフリクションの高さが原因とみられる動きの悪さが取れず、

ここ最近はどうにかして・・・という根性を見せないことにしています。

 

で、解決策。

 

通常のカートリッジフォークをコンバート!!

2009年以降のZX-6Rはφ50-53というフォーク径なので簡単には行きません。

仕方がないのでブラケット製作。

 

2009-カワサキZX-6Rステム

http://www.gmdcomputrack.jp/shop/products/detail.php?product_id=224

 

これですべてが上手くいく!!

KZ1000のフレーム加工

おはようございます塩見です。

 

なかなかBLOG更新できなくてすみません。

やっぱりマメなのが一番だと分かっていても・・・反省っ

 

今回はカワサキKZ1000のお話。

お客様からのご依頼でフレームから足回り、エンジンまでカスタマイズをすることになりました。

お客様ご自身がある程度作業ができる方なので当社は少しだけ。。。

 

カワサキKZ1000フレーム

不必要なステー類をカットし、アライメントのチェックを行いました。

 

フレームの補強を行うのですが、

フレームそのものが真っ直ぐでなくてはマイナス効果です。

きちんと真っ直ぐを出してから補強しないととんでもなく取り返しのつかないことに。。。

 

今回のフレームは精度よく手直しは必要なさそうです。

 

フレーム補強を行いますが、その作業もジグの上で・・・

当然ながら熱歪の危険もありますのでジグ上で管理しながらの作業となります。

 

この作業が終わったらOEMでサンドブラスト処理を行い、ガンコート塗装に進みます。

 

またご報告しますね!!

 

 

ダンパーロッドタイプのフロントフォークには・・・

おはようございます塩見です。

 

暑さのせいか少しだけ仕事が少ない今日この頃です。

とはいえ、お預かりの車両整備がありますので今のうちにこなしておきましょう~!!

 

現在、お預かりしているKSR110フロントフォークのチューニング作業をしていますが、

内部に使うのは当社のダンパーロッドカートリッジ!

通常のカートリッジフォークに使うカートリッジバルブを専用のアダプターを介して装着します。

 

ダンパーロッドカートリッジ内部

 

ダンパーロッドタイプのフォークに使われるインナーチューブには元々伸び側のダンパーユニットが組み込まれていますので、

おのバルブキットのメイン制御は厚側となります。

ただし。。。

構造上、伸びのダンピングにも作用がありますのでその恩恵として低粘度のフォークオイルが使用できるようになるのです。

ミニバイク用では#5のオイルが使えます。

ビックバイク用では#10のオイルを・・・。

 

ミニバイク用ダンパーロッドカートリッジ

 

低粘度のオイルを使うことによるメリットはたくさん!!

ぜひ皆様もお試しあれ!!

 

 

ページ上部へ